今更ながらのZepp Tokyoレポに思ふ

昨日、野音当落を前に実にドキドキそわそわしながらも電車待ちの時間を有効活用しギリギリセーフで「Player」9月号のLIVEレポートを立ち読んできました。Player (プレイヤー) 2012年 09月号 [雑誌](2012/08/02)不明商品詳細を見る一頁の半分のスペースにケッコウ大きめのライヴショット。(PAOさん最新号の表紙ショットです)つまり、短めのライヴレポだったわけですがなかなかどうして、センサーが反応しまくり!!!...