新春ライヴ2012後のライヴ体験曲分析

奇しくも、この2012年新春ライヴ@渋公2daysの
初日がライヴ参戦20回目の節目でした。

両日参加できたので、トータルで21回を数えることと
なりました。

以下、毎回ライヴ明け恒例の
1/7現在の「ライヴ体験曲分析」です。



両日演奏された楽曲はピンク
1/6のみ演奏された楽曲はオレンジ
1/7のみ演奏された楽曲はグリーン
今回初聴きが叶った曲には




1位 16回 ガストロンジャー 1
1位 16回 俺たちの明日 2
1位 16回 悲しみの果て 3




4位 15回 笑顔の未来へ 4
4位 15回 ファイティングマン 5




6位 12回 今宵の月のように 6
6位 12回 幸せよ、この指にとまれ 7



8位 11回 FLYER 8



9位 10回 明日への記憶 9
9位 10回 今はここが真ん中さ! 10




11位 9回 珍奇男 11
11位 9回 俺の道 12
11位 9回 新しい季節へキミと 13

11位 9回 ハナウタ~遠い昔からの物語~ 14



15位 8回 旅 15
15位 8回 さよならパーティー 16



17位 7回 桜の花、舞い上がる道を 17
17位 7回 風に吹かれて 18
17位 7回 待つ男 19



20位 6回 リッスントゥザミュージック 20
20位 6回 Sky is blue 21

20位 6回 赤き空よ! 22
20位 6回 おかみさん 23
20位 6回 ジョニーの彷徨 24
20位 6回 いつか見た夢を 25
20位 6回 男は行く 26
20位 6回 歩く男 27
20位 6回 脱コミュニケーション 28



29位 5回 未来の生命体 29
29位 5回 so many people 30

29位 5回 彼女は買い物の帰り道 31
29位 5回 絆 32
29位 5回 こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい 33
29位 5回 デーデ 34
29位 5回 シグナル 35



36位 4回 地元のダンナ 36
36位 4回 季節はずれの男 37
36位 4回 まぬけなJohnny 38
36位 4回 傷だらけの夜明け 39
36位 4回 あの風のように 40
36位 4回 生命賛歌 41
36位 4回 星の砂 42
36位 4回 ネヴァーエンディングストーリー 43
36位 4回 花男 44
36位 4回 真冬のロマンチック 45
36位 4回 何度でも立ち上がれ 46



47位 3回 普通の日々 47
47位 3回 It’s my life 48
47位 3回 シャララ 49
47位 3回 友達がいるのさ 50
47位 3回 寒き夜 51
47位 3回 moonlight magic 52
47位 3回 悪魔メフィスト 53
47位 3回 武蔵野 54
47位 3回 パワー・イン・ザ・ワールド 55
47位 3回 good morning 56
47位 3回 習わぬ経を読む男 57
47位 3回 夜の道 58
47位 3回 始まりはいつも 59
47位 3回 風 60
47位 3回 翳りゆく部屋 61
47位 3回 漂う人の性 62



63位 2回 東京からまんまで宇宙 63
63位 2回 雨の日に・・・ 64
63位 2回 女神になって 65
63位 2回 すまねえ魂 66
63位 2回 月夜の散歩 67
63位 2回 soul rescue 68
63位 2回 ワインディングロード 69

63位 2回 誰かのささやき 70
63位 2回 Baby自転車 71
63位 2回 OH YEAH!(ココロに花を) 72
63位 2回 達者であれよ 73
63位 2回 ゴッドファーザー 74
63位 2回 朝 75
63位 2回 あなたのやさしさをオレは何に例えよう 76
63位 2回 流れ星のやうな人生 77
63位 2回 to you 78
63位 2回 暮れゆく夕べの空 79
63位 2回 奴隷天国 80
63位 2回 コール アンド レスポンス 81
63位 2回 真夜中のヒーロー 82
63位 2回 化ケモノ青年 83
63位 2回 四月の風 84
63位 2回 ハロー人生!! 85
63位 2回 理想の朝 86
63位 2回 流されてゆこう 87
63位 2回 太陽の季節 88
63位 2回 石橋たたいて八十年 89
63位 2回 やさしさ 90
63位 2回 九月の雨 91



92位 1回 過ぎゆく日々 92
92位 1回 歴史 93
92位 1回 無事なる男 94
92位 1回 Tonight 95
92位 1回 ふたりの冬 96
92位 1回 さらば青春 97
92位 1回 BLUE DAYS 98
92位 1回 何も無き一夜 99
92位 1回 凡人-散歩き- 100
92位 1回 晩秋の一夜 101
92位 1回 おはよう こんにちは 102
92位 1回 道 103
92位 1回 おまえと突っ走る 104
92位 1回 定め 105
92位 1回 東京ジェラシィ 106
92位 1回 勉強オレ 107
92位 1回 ラスト・ゲーム 108
92位 1回 昔の侍 109
92位 1回 遁生 110
92位 1回 人生の午後に 111
92位 1回 ゴクロウサン 112
92位 1回 それを愛と呼ぶとしよう 113
92位 1回 too fine life 114
92位 1回 涙 115
92位 1回 DJ in my life 116
92位 1回 ふわふわ 117
92位 1回 サラリサラサラリ 118
92位 1回 ハローNew York! 119
92位 1回 夢のちまた 120
92位 1回 地元の朝 121
92位 1回 曙光 122
92位 1回 クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ- 123
92位 1回 うつらうつら 124
92位 1回 月の夜 125
92位 1回 情熱の揺れるまなざし 126
92位 1回 赤い薔薇 127
92位 1回 極楽大将生活賛歌 128
92位 1回 孤独な旅人 129
92位 1回 うれしけりゃとんでゆけよ 130
92位 1回 秋-さらば遠い夢よ- 131
92位 1回 今をかきならせ 132
92位 1回 精神暗黒街 133
92位 1回 この世は最高! 134
92位 1回 甘き絶望 135
92位 1回 いつものとおり 136
92位 1回 きみの面影だけ 137
92位 1回 土手 138
92位 1回 ドビッシャー男 139
92位 1回 人間って何だ 140
92位 1回 平成理想主義 141

『フミリス』の体験分析結果
全 227 曲中 141 曲体験しています。
体験率は 63 %です。


「セットリスト不完全のため絶対とは言い切れません」とのことです。


******************************


以下は、新春ライヴに出かける前にアップした
過去記事「聴けるといいな!聴きたいな!」に羅列した
新春ライヴないしは今年のワンマンで聴きたい曲。

その中で、叶えてもらえた曲のみ取り出し
上の体験曲分析と同じ色分けしてみました。

(☆はライヴで体験済みの曲、・は未聴の曲)

花男
待つ男(2年前の新春@渋公で初聴きが叶った何よりも「おめでたい曲」。今年もまた渋公で聴きたい!)
ふたりの冬
so many people
あなたのやさしさをオレは何に例えよう
傷だらけの夜明け(初ライヴで聴いたキリ。照れ隠しのMCもひっくるめて名アクトだったのが忘れられない。)
パワー・イン・ザ・ワールド
今をかきならせ
笑顔の未来へ(なんてったって、1月1日発売のおめでたい曲ですもの♪)
Sky is blue(2年前の初の新春ライヴ@渋公の第一曲目に聴いたアクトが忘れられない・・・!故に。)
新しい季節へキミと
桜の花、舞い上がる道を(もうすぐヒカンザクラも咲き始めることだし。この時期じゃないと、なかなかライヴでは聴けない1曲なので。)



両日共に8曲ずつ、聴きたいと願っていた曲が演奏され
それにも感無量・・・でした。

でも、「聴けるといいな!聴きたいな!」は
「欲望・願望」丸出しというわけでもなく。
なんとなく先生が今現在のモードとして
選んでくださりそうだと予想して
期待を込めた予感的モードで挙げた楽曲もかなりあって。

だから、そのシンクロニシティにこそ
琴線が振れてやまずだったのかもしれません。

もうそんなことの連続で、新春初日は
ライヴ中、泣き笑いしそうなほどに一人大変な騒ぎでしたから。


さらには(・・・証拠はさすがに載せられませんが・・・)
年内にしたためた超・長文のふみの中で
『愛と夢』『good morning』『ライフ』
(打ち込みを多用した、いうなれば
宮本浩次のソロワーク的色彩の強い3部作)収録の楽曲を
今の充実したバンドサウンドでもっと聴いてみたい!
ここ数年のライヴで、これらのアルバムの曲
(「女神になって」「秋」「good morning」「ゴッドファーザー」
「情熱の揺れるまなざし」「Tonight」)をライヴで聴いて
どれも無性にかっこよかったから・・・という趣旨のことをも
書き綴っていたのです。
(「ガスト」「ソーメニー」「コールアンドレスポンス」「武蔵野」は
個人的には結構聴いているので、敢えて割愛。)

『愛と夢』からだけは演奏されなかったものの
他2枚のアルバムからは両日で
「so many people」「精神暗黒街」「女神になって」
「soul rescue」(アルバム外だけど、ほぼ同時期ですよね!)
「普通の日々」「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」
こんなにも演奏していただけ、この喜びを何に例えよう?!


*******************************


新春1日目の雑感として、既に書きましたが
今回の選曲からは
「今」「はじまり」「未来」「歩く」「行く(前へ)」
「風」「太陽」「冬」「心」
というキーワードがヒシヒシと感じられてやみませんでした。

次点としては
「悪魔」「死」「月」「空」というところでしょうか?


2010年の渋公での新春でも思ったのですが
新年早々の先生のモードは「月」ではないのだなぁ・・・と
今回もまた思いました。
何より「今宵の月のように」が演奏されなかったし。
セトリを振り返っても「月」がモチーフの曲って、実際ないですよね?
「太陽」とセットで「月」が歌われている楽曲はあっても。

(よくよく、セトリCD音源を聴いてみたら・・・
「寒き夜」と「おかみさん」では「月」が出てきました・・・
故に「初日」は「月」とはかけ離れていたということで。)

こういう選曲に込められた先生の気持ちや意図が
あまりにもダイレクトに伝わってきたので
自分にとって、初聴きの曲はどれで・・・今回何曲聴けて(計7曲でした)・・・
体験率が3%伸びた(しか伸びない)云々は
もう二の次という感じでしたね。


ライヴ前はあんなにもお年玉=仲良しの新曲2曲だと
思っていたハズが
いざ当日を迎え、【第1部】で演奏されなかったことに
何の疑問も感じないほどに、もうあまりにも密度が濃くて
ハイクオリティで、あたたかくて、希望に満ち溢れていて・・・
例えようもないくらい満ち足りてしまったのです。
故に初日【第2部】でようやく迎えた「ワインディングロード」の
待ちに待った初聴きの瞬間、情けないまでに脳内混乱状態に
陥ってしまったという。

だから、どの曲がお年玉だったか?などと
甲乙つけられないというのが正直な気持ちです。
初日28曲、2日目29曲、のべ57曲も演奏していただけたことは
言わずもがな。

新春公演にふさわしい、ストリングス&ホーンズとの共演故の
華やかなステージもさることながら
バンドのみの演奏だって、宮本さんによる弾き語りだって
みんな同じやうに素晴らしく、尊く、愛おしい瞬間ばかりでしたから。


【第1部】【第2部】と大きく二つに分けたのも
実によかったなぁ。
それぞれの最大の山場であり魅せ場は
「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」と
「パワー・イン・ザ・ワールド」だったかと。
この上なく壮大なスケールで盛り上げ、盛り上がりましたから。
皆さんのノリも、会場の一体感も、あの瞬間の一切合切ひっくるめて
素晴らしい演出だったと改めて思います。

休憩をはさんだ【第2部】で、宮本さんがかなり復活され
そこでまた新たなる幕開けの曲でスタートし
満を持して新曲2曲の披露という流れも最高だったと思います。



昨日レポを書き終えた時点でかなりの達成感がありましたが
今これをこうして書いていても
後から後から押し寄せてくる、あの日あの時の
感激・感動・嬉しい驚きの数々に
胸がいっぱいになってしまいます。

新春初日からもう1週間経ったなんて?!
その事実にさえ、呆然とするばかり。
色々な意味で信じられません・・・。


ライヴでのことは大方書き尽くした感はありますが
それを取り巻くアウトライン(サイドストーリー)については
書きたいことてんこ盛りにもかかわらず
まったく書きだせていないのが現状です。

しばらくはそんなモードで、ココロのままに書き綴るかと思いますが
おつきあいいただけたら嬉しいです。



グッズ販売の目印としても目を引いていたこの看板。
2012.1.6渋公
【「東京」からまんまで「宇宙」行きの
「渋公」という名の「箱舟」乗り場(=「会場」)はコチラ】
みたいで今更ながら、GJだったなぁ・・・と
朝からしみじみ感じ入る私なのでありました。




関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する