嬉しくて涙が出そうさ

昨日から、吃驚すること、嬉しいことの連続で
コトバにできないくらい、胸がパンパンです。


まずは、超個人的な野音当落がらみの記事への拍手に
泣きそうです。
皆さん・・・ホントやさしいなぁ。やさしすぎる。


あれから、残念な結果だったお友達からのメールやコメント等々を
さらにいただきました。

昨夜ブログを更新した時点では、自分を取り巻く範囲での
日比谷野音の当選確率は、「5分の2」と書きましたが
一夜明けたら、ガラリと変わって・・・「7分の2」になってしまいました。

ご自身が残念な結果だったにもかかわらず
「フミリスさんが当選してよかった。前回(ツアーを)我慢したんだから
当選して当然」みたいなメッセージをお寄せくださったお友達もいて。
思わず涙ほろり。

今までの私なら、なんとコトバを返したら・・・と思いあぐねていたところ
どうにかチケットを手にしてほしい一心で
今朝通勤電車に揺られながら、お礼方々のエールと過去の経験から得た
ささやかな傾向と対策とをサクサク打って、迷わず返信!

ココロの底から野音にたどり着きたいと願ってやまない人が
一人でも多く、野音に集えますやうに・・・。
強い想いさえ持ち続ければ、扉は開き、道は伸びると
そう信じています。




嬉しくて涙が出そう・・・と言えば、職場でもそんなことの連続だったなぁ。

夏休みが自由に取れなかった私に声をかけてくださった他学年部の先生がいて。
もういい・・・。それだけで充分です。
「どうとでも出来るのに」とか「明らかに〇〇〇がおかしい」
「わけてあげられるものなら、私の年休わけてあげたかった」
(ちなみに〇には役職名が入ります)
そう思ってくださる方がいて
それをこうして声に出して直接当事者であるこの私に伝えてくださり
気持ちを分かち合ってくださったことだけで
ホントに充分だとココロの底から思えたの。
こんな中途半端な立場で(年度中途からの任用での臨時講師)
一人だけ違う立場(待遇)だからって
特別扱いも差別もしないで、こうして接してくださる方がいるという事実。
すなわち、味方がいるんだ。一人きりじゃないんだ。
そう確認できたことにこそ、嬉しくて涙が出そうさ・・・。



1学期中は自ら宿題を決められた期日に出したためしのなかった生徒が
夏の進学講習を経て、明らかに何かが変わったのだらうか?
自ら朝一番で、宿題を提出しに来たことも無性にうれしくて。
思わず手話込みで「ありがとう!」としきりに返してしまった。
ぽかんとされちゃったけど、まぁいいさ。
当たり前のこと(否、当たり前すぎること)だけど。
それが今までできていなかったその生徒にすれば
格段の進歩なんだよね。
他3人にも同じ宿題出したけれど
誰ひとりとして自ら提出しには来なかったんだもの。
催促されて出した生徒1人、明日出すと言った生徒1人
さらにもう1人は苦笑してごまかしやがったぞ(・・・おっと失礼)。
そうは言いつつ、その未提出の2人も
なんだかんだ明日には提出してくれると信じているけれど。




そんな私の普通の日々の一コマ。題して「通勤路にて」。

*サムネイルをクリックすると拡大されますが
画質は保証できかねます*

実はわけあって、ここ数週間朝に限っては通勤路からまたまたそれてみたら・・・
コンパクトサイズのお稲荷さんが祀られていて。
お稲荷様
ウィークデイには欠かさず手を合わせていました。
勿論、今朝も報告とお礼かたがた、しっかり手を合わせました。
これからもきっとずっと拝み続けるでしょう。

そして、従来どおり、職場からの帰り道の
あちらこちらで咲き誇る百日紅。
あの日の赤羽台と私の今とを繋ぐ大好きな花。
百日紅1 百日紅2
後者(向かって右側)は、「宮本」邸の百日紅。
そのすぐ下のブロック塀の上で寝そべっていた
8/29のミヤネコ。
今日のミヤネコ
ピンボケですが、またしてもカメラ目線で、非常に強力、もとい、協力的!

そういえば昨日も、「宮本」邸のお隣で
ミヤネコに遭遇したんでした。
思わず「ミヤネコ」フォルダを作ってしまったもんね~(ニタリ)

かつて上野は不忍池界隈で遭遇した
元祖ミヤネコの端麗な容姿には及ばずながら。
凄みとは裏腹な愛嬌があって、私は妙に惹きつけられてやまず、
引き寄せられてしまうのだ。
猫そのものは、それほど好きじゃないにもかかわらず。


朝は朝とて、通勤路を変えてみたことで
職場ごく近くのお宅のガレージに
黒のポルシェ(おそらくは)カレラを発見。
俄然、テンションあがりまくる私は、嗚呼…なんておめでた過ぎる単細胞なのだらう…orz

身近過ぎる限られたエリアに、先生を彷彿とさせるアレコレ満載過ぎだ。
いちいちツッコミ切れないってば!

こんなバカみたいなことに幸せ感じる私はバ~カでしょうかぁ?!
でもさ、とどのつまり、幸せってヤツは自分の心持次第。
自分のココロこそが行き先を決めるんだなぁとつくづく思ふ。しみじみ思ふ。

あんたわかるかいワタシの気持ち?




今宵の月も満月さながらに綺麗だったなぁ。
20120829の月1 20120829の月2 20120829の月3
立ち止まっては、写メ撮り撮りしたモノの
遠回りも、歩きに繰り出すこともしなかった(できなかった)けれど。
これでまだ11番目の月、すなわち満月前々夜だなんて・・・なんてこったい(絶句)。

駅から自宅までの帰り道、18:30だというのに
早くも虫の音を耳にした。
そう長くはない自らの命を予感するのだらうか?
いつ聴いても、一生懸命今をかきならしているなぁと思ふ。
蝉の大合唱にも同じこと思った夏休みの始まりがもはや懐かしい過去だなんて・・・。
はぁ~この気持ち、なんと称したらよいのやら。

私も小さき命に負けぬやう
普通の日々を、粛々と、誠実に、精いっぱい生きたいものだ。
結論、結論、それが結論。



関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する