スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

戦う男の25周年展@タワレコ渋谷店

昨年の新春ライヴ以来、実に1年半ぶりの渋谷。
12:30にはハチ公口に降り立ち
まずは、大本命のTOHOシネマズ渋谷の位置確認&腹ごしらえに。
(先の記事にアップしたとおりです)

そして!遂に待望の「戦う男の25周年展」@タワレコ渋谷店に
たどり着けました!

13:00から16:00までたっぷり3時間、堪能しました。

まずはエレベーターで8Fに降り立つと
このポスターがお出迎え!


その向かい側の白壁にも!!


これだけで俄然テンションあがりまくり。
・・・なんてもんじゃなかった。
入口にドドーンと待ち構えていたパネルやポスターに
もはや心拍数は急加速!


受付の担当の方にご挨拶すると
わーーーん。ポスターがいただけましたよ。私も。

そして、向かって右のエリアへGO!
今回発売されたGOODSや、歴代のゾウT。
素晴らしいライヴショットの数々が収められたツアーパンフや
PAOのBACKナンバーの数々。
インタビューが掲載されたエレカシ(ないしはミヤジ)表紙号の雑誌類。
どれもこれもワクワクするじゃないかぁ。もう!
13:00から「1995.6.21シェルターライヴ」が上映中だったので
そのライヴ音源をBGMにできるこの幸せよ。

このエリアは撮影禁止だったのですが
「ズレてる方がいい」のジャケ撮影時に
宮本さんがお召になった、あの物議を醸しだした
白地に筆書きの白の上下が、むき出し状態で展示されていたのには
吃驚したぜ~。
麻っぽいサラッとした生地でした。
それにしても、スレンダーな女性が身にまとうやうな
ほっそりとしたサイズでしたよ。


ツアーパンフを観ていて感じたこと等は
またおいおい加筆予定です(ペコリ)。


部屋の中央部分にはLIFE TOURでの使用機材を
間近に観られ、しかも撮影までOKとは・・・(涙)。



これが全体像。

手前のモニタからはLIFE TOUR2002のDVD映像が再生されていたけれど。
そのさらに後方では、下北シェルターライヴ映像を上映中だったので
時に相殺し合うというか、干渉し合っている感が
個人的にはもったいない気がしました。

宮本ギターは、タンゲマン。に戻っていました・・・orz

勿論、この距離で観られ至福の極みだけれど。
石くんから借り物の、ブロンズが変色した白のストラトを
むしろ間近に観たかったなぁ。
それこそ、今日のミヤジのカラーは白か黒かと
ライヴ前に少なからず予測したり、ドキドキ・ワクワクするのと似ていて。
ギターも同じなのだ。
私はやはり白派なんだと今回思い知らされた。
そう!白シャツに白(ベージュか?)ストラト姿が何より好きなんだわ。


成ちゃんベースは、煌びやかだぁ。「ガストロンジャー」ベース。


石君ギターは、渋すぎるぜ!「ファイティングマン」テレキャス。


トミのドラムセット。トミ目線で後方より。

年季の入ったカウベルや、黒いテープが張られたドラムス。
そこにエレファントカシマシの歴史を垣間見た。

歴史。勿論、ギターやアンプにも修繕の跡や傷を
あちらこちらに確認したけれど。

何より年季が入っているのは男椅子。


座面裏。上手に写せなかったけれど・・・orz

2008年のJCB 2days初日こと私にとっての初ライヴで
この男ロゴを観た瞬間の感激と衝撃とがまざまざと蘇ってキテ感無量に。
(男椅子の下に鏡を置いておくなどの工夫があっても・・・なんてな。)

まだ、14:00から上映の仙台Rensa映像上映まで時間があったので


入口向かって左エリアを攻める。

エレカシさん達がいかに細身でカッコイイおじさんたちか
痛感させられましたよ。


ショーケースの向かい側の壁は、まさに戦う男たちの歴史。年譜が。

これ、ものすごく上手にまとめられていたので
何らかの形で生かしていただきたい。
ここのエリアも撮影不可だったので。
「anan」や「OLIVE」に掲載されたエッセイやコラムの一端を
目にできたのは、嬉しかったなぁ。
これらも是非復刊していただきたい。


そして、14:00~15:40くらいまで
「仙台Rensa」映像⇒「下北沢シェルター」映像を梯子し。
(その感想は、またおいおい・・・っておいおい。)

見終えた頃には、いつの間にか
ヒトでごった返していたから吃驚したぜいっ。

人だかりができていると思いきや
そうだった!
先生直筆の生原稿を見落とすところだったわ(汗)。

「赤本」と「東京の空」の生原稿。
まさに文豪に引けを取らない、推敲の跡。
ついでに赤本原稿にはコーヒーをこぼしたと思しき
茶色のシミが!
2パターン書かれていたのが
さすが先生と思ったわ。
何事にも妥協を許さず、徹底的に、納得のゆくまでという厳しい姿勢。
そういうところが何より好きだ。

最後に、反対側のライヴの歴史をざーっと見て
結局、GOODSは黒TとタワレココラボT
ポストカードをお買い上げ。

明後日、都合がよくて、渋谷に繰り出せるラッキーな方
楽しんでくださいね!


帰りは、階段を使って下まで降りようとしたら・・・
このとおり!嗚呼、なんてスバラシイ。


3Fの売り場では、こんな感じ。


「生活」といい、「ライフ」といい
このキャッチコピーの素晴らしいこと。この上ない。


センス(文才)だけでは書けないと思う。
エレカシ愛あってこその名文句!

この階にもポスターがドーン!と


もう嬉しすぎるよ。タワレコ渋谷店!

故に、新宿店行きはキッパリ取りやめ。
2Fのタワレコカフェで、一足早い夕食をいただき。




その後はLOFTで、ゾウGOODS&富士山GOODSを
探し回り、結果大収穫となりましたとさ。
(こちらは場所を改め、紹介できたらぼちぼち)


肝心のドキュメンタリー映画の感想までは
今宵は到底無理です。
キャパシティオーバーだもの。
笑いあり、ちょっぴりしんみりする場面ありという感じだったかしら。私は。

故に、TOP記事の「星に願いを」は
無事日比谷野外大音楽堂初日を迎えられるまで
続行することをたった今、結論しました。
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。