スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

撮影担当・撮影報告

エレカシ宮本くん、撮影も僕が担当しました
エレカシ宮本くん、撮影も僕が担当しました。その2

そんなぁ・・・いまさら何をおっしゃいます?!
そもそも、「bridge」とういう季刊誌。
渋谷さんがインタビューから撮影まですべてを執り行い
渋谷陽一の名のもとに発行されていたじゃないですか?!と
思わず心の中で一人突っ込んでみた(ニタリ)。

このお決まりの、わかりやすすぎる展開に
こうしてツッコミ入れられるこの幸せよ(ほろり)。

これこそ、エレファントカシマシが活動再開した何よりの証。

歌っている宮本さん。
これまた涙モノの企画だわ。

今、ようやくPC画面から拝むことが叶い
早くも壊れ気味の今宵の私。

私は「その2」のカメラ目線の宮本さんに
より魅せられてやみません。
理由は我ながらよくわからないけれど。


そして、ここにももう一人、撮影担当、もとい
撮影報告してくださったお方が。

ほら、こんなに元気です。
に、思わず、うん、うん。ありがとう!と
つぶやいてしまったわ(ほろり)。

「フレッシュな取材になりました」かぁ。

前を見据える先生は、髪が伸びまくっている以外は
一見、以前となんら変わらずな印象を受けるけれど。
でも、確実に休業期間を経て
いい意味で何かが変わったのだろうとも思う。

それは、先日アップされた
「めんどくせえ(仮)」での演奏シーンや
楽曲そのものからも感じたことで。


変わらないことと変わること。
ブレない核を持ち続けることと、転がり続けるということ。
相反すること(背中合わせ)のやうで
その実、同じことなのかもしれない。

そんな風に思わされてしまうのは
宮本さんという人がいつだって、真剣勝負だからこそ。
どんな状況下でもあきらめず
輝きを求め、歩み続けるからこそ。

どのインタビューコトバたちもココロして読みたいと思う。


それはそうと、山崎さんによる撮影報告
ダントツだなぁと思う。
いつだって、叶わないと思わせるやうな
雰囲気というかニュアンスが漂っているモノ。
いい意味で力の抜けた、やわらかな(時に穏やかで、優しい)表情を切り取れるのは
(おそらくは)山崎さんだからこそだよね?!

こういう形での報告兼おすそ分け
勿論!嬉しくてありがたい。
けど、ちょっとジェラシー。





関連記事
web拍手 by FC2

コメント

再開ということでメディアにもあちこちでインタビューがありこちらとしてはとても嬉しいですが久しぶりに雑誌買いになりそうです
あたしもTwitterの写真をみてニヤニヤしてましたよf^_^;)

2013/07/24 (Wed) 11:54 | アセロラ #- | URL | 編集
☆アセロラ さまへ

再始動に伴い、インタビューも再開し
必然ながら雑誌類との再会を次々果たせるのも
嬉しい限りですよね!
あとは「音楽と人」がそろえば、それこそ四天王そろい踏み!?

2013/07/25 (Thu) 20:51 | フミリス #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。