スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

スペシャコラム 第143回

鹿野さんのコラム、待ってました!
ものすごい季節をテンション高く話す宮本さん。
それは、昨年の日比谷野音での宮本さんと
なんら変わらないのだと思う。

楽天的な性格もあってのこととは思うけれど
人一倍気ぃ遣い(気にしい)で、やさしい人でもあるから
聞き手のことを少なからず慮っての
あの語り口調だと私は思っている。

だから泣きそうになりつつも笑ってしまって。
でも、ココロでは泣いて。
後後まで引きずったり、モヤモヤしたモノが残ってしまって。
その繰り返しだ。

でも、そんな宮本さんだから人として、ロックシンガーとして
愛してやまないわけで。




「今をどうしょうもなく自分らしく生きれるかどうか」
これはもう究極だと思う。

これは一生涯ついて回ること。
自分らしく、自分にだけは嘘をつかず
正々堂々と。
これが案外難しい。
それでも、逃げずに生きてゆくしかない。

エレファントカシマシと出逢って以来
その繰り返しだ。



「これがエレファントカシマシです。」
まさにそのとおり!
鹿野さんのこの一言で、覚醒した。
だから、昨日手に取り目にした
待ちに待ったPAO座談会にも
さほどココロ揺さぶられなかったのだ、きっと。
だって、「めんどくせえ(仮)」映像こそが
「今現在のエレファントカシマシだ。どうだ!」という
迫力と説得力とで私を圧倒したから。


MUSICAインタビューも楽しみに待ちたいと思う。





慌ただしい日々、確実にエレカシからパワーをもらっていて。
私は着実に前進しています。
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。