スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

夏の終わりを感じた瞬間

昨日、家族有志で、日帰り温泉に行ってきました。



ぬる湯で首・肩コリに効き、源泉かけ流しと
三拍子そろった奈古谷温泉、何もかもが最高でした!

個室を借り切ったことで
浴衣に着替えられたことが何よりで。

内湯と露天風呂はつながっていない故
いちいち着替えが必要だったので
浴衣は本当に重宝しました。


お盆まっただ中だったこともあり
内湯3名は好しとしても
露天の8名はくつろぎ感がなかったけれど。

ひとたび部屋に引き上げ、30分ほど休憩を取った後
未体験の打たせ湯目当てに、リベンジできたこと
何よりでした。


本日の薬湯、山梔子の効能が高血圧と肩こりだったのも
ラッキーでした。
薬湯は岩風呂だったので、まさしくツボ押しの役目を果たしてくれたのも!


帰りに、靴を脱いで、足の湯を通って行ったのも
足裏ツボマッサージ効果抜群で。





心身ともに、リラックス・リフレッシュしたのは言うまでもなく。
ココロも身体もほっこり温まり、ほぐれ
今日は別人のように痛みも取れ、フットワークも軽く
滞っていた家事アレコレがサクサク進みましたとも。


そんな日帰り温泉からの帰り道
稲穂がキラキラ輝いていて。
もう秋だなぁと思ったその瞬間
AMラジオから流れ出した、優しくも響き渡る鍵盤の和音に
思わず反応!!!

フジファブリックの「若者のすべて」でした。



名古屋からの帰り道以降、その空の表情に
真夏のピークは去ったと確信的に感じる日々故に
あまりにどストライクな選曲で。
無性にココロに刺さり、揺さぶられてなりませんでした。

切なげで淡々とした歌声、メロに対して
キラッと際立つ鍵盤の音色。
これがなぜだか心地よくて。
この曲の核を成しているやうな気がしてならないのだけど。
どうでしょう?!
鍵盤が消えてしまうと無性に物足りなさを感じるのは
私だけかしら?!


フジファブリックは、「若者のすべて」としか
しっかり向き合ったことがない私です。

これからも、夏の終わりを感じるたびに
2013年の夏休み(10連休のみならず、出勤した日々も込み)の記憶と
「若者のすべて」が去来するのだと思います。

こういう思いがけない遭遇も
神様が下さったかけがえのない贈り物だよなぁ。
なんて大げさでしょうか。






出逢いと別れ、そして再会。
その繰り返しの中で、生かされているちっぽけな自分。

ここ数日「今日も月がちょっときれいじゃん」とばかりに
月を見上げたり、月と歩いたり。


一昨日はグラウンドで。
ただし、ワイングラス半分の赤ワイン(の氷割)で
ほろ酔い加減だった故
酔いが回るのが怖くて、早々に切り上げ。

昨夜は歩きに行けなかったけれど。




外食の帰り道、ちょっとした月夜の散歩が叶えられ。

そして、今宵はこの夏初めての海散歩へ。




ここ3日での月の満ち具合も実にドラマチックというか。
いきなりふくよかになっておられましたよ。今宵の月齢10.6の月は。

それにしてもお月様は、恥ずかしがり屋?
それとも、天邪鬼?いじわる??
海辺にたどり着く前、海辺から去った後には
クッキリ・ハッキリその全貌を現し、誇らしげだったけれど。
海辺のとあるお気に入りの場所に寝そべりながら
宙を仰ぎ観ると、雲に隠れ、なかなかその姿を拝むことはかなわず。



でも、そんな移り変わりをも楽しめる自分がいて。
それはエレカシをウォーキングや海散歩のお供にせずとも平気な自分に
なれたからこそかなぁと思います。



おそらくはきっと、新しいステージ・新しい季節を迎える段階に到達したのだと。
公私共々、エレカシファンとしても。

ちなみに今日は「MUSICA」一冊のために
車走らせ、街中の書店を目指さず
Amazonでの注文に対してコンビニから代金を振り込んで。
その分の時間を、家でのアレコレに充てられた私です。

19日到着なら、仕事の帰り道に書店でゲットするのと
なんら変わらないことになるけれど。
そんなこと、とるに足らないこと。
ようやくそんな風なモードにまで
いい意味で解熱を図れたということは喜ぶべきことだと思っています。

わかっていただけるでしょうか?
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。