スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

仲秋の名月仰ぎて何想う?

先生じゃないけれど、思わずぼやきたくなることばかり多かったな。

連休明け以降。

ビックリすることばかり多かったと
ガックリくることばかり多かったは
概して、同じだと思わざるを得ない。

とはあまりにも曲解すぎるだらうか?

そんなココロの淀みを一掃してもなおあまりある
今宵の月の眩さよ。

ココロ奪われ
ココロ洗われ
ココロ揺さぶり
ココロに沁み入る
仲秋の名月。

先生も、きっと仰ぎみておられたことだらう。




仲秋の名月と十五夜こと満月が合致するのは
2010年代、これが最後なのだそうだ。


復活の野音で、大好きな『町を見下ろす丘』からの楽曲を聴けたこと
なかでも、「シグナル」と「なぜだか、俺は祈ってゐた」は
この上なく嬉しかったな。

今宵の月の美しさと共に、きっと、ずっと、忘れない。
ぼやきついでにもういっちょ!?
おつきあいいただく方にはヒジョーに申し訳ないのですが。


明けて、20日。
9月初頭に行った授業研の反省会がようやく行われ
約1時間にわたり、生板の上の鯉を演じきった私デス。

事後アンケートのまとめに目を通すと
身構えていたほど改善点の嵐というわけでもなく
項目によっては、努力を認め、称えてくださるコメントもあり
中でも手話や雰囲気について言及してくださったモノには
じんわりキテしまったり。

されど、蓋を開けてみりゃ、反省会とは名ばかりで。
その実、粗探し、吊るし上げの会だな。

なんてな。(あまりにブラックすぎる?!)

ならば、よってたかって弱いものイジメの格好の機会
ないしは、*新人いびり。
(*この職場においての新顔という意味において)

ますます自虐的だな・・・ははは。

あるいは、相撲部屋で言うところの
「かわいがり」的な。

まぁ・・・仕方ないよな。

ぼやいてみたところで、これからも変わらないのは見え見えだもの。

そういう風潮なのは、恐らくは、きっと
伝統なのだと思う。
イジメの連鎖的な、歴史は繰り返される的な感じ。

閉鎖的で排他的なんだよ、全く。
あまりに風通しが悪いから、淀んでいるってことに
ご重鎮が気づいてないのは、果たして喜劇的なる悲劇か?
それとも、悲劇的なる喜劇か?


とはいえ、窮地に立たされたというほどの
悲壮感も切迫感もなくて。
(それは私がおめでたいだけか?
はたまた、どうせ、残すところ数日だからと
とうに開き直っていたからか?)


最後の最後に発言を求められた
それまで静観していた(ひそかに尊敬してやまない)
私よりはるかに若い講師の先生(♂)が
助け舟的な感想をサラッと述べてくださり
私は人目もはばからず、泣き出してしまいそうだったなぁ。
というか、実際、涙目になってしまったが故
汗を拭きつつ、慌てて、顔全体をハンドタオルで覆い
すんでのところで、涙をせき止めたのだ。

なんと彼は、私と隣り合わせの教室で授業をしているそうで。
(嗚呼、言われてみればそうだった!?)
いつも、私と生徒たちとのやりとりがダイレクトに聴こえて来るのだそうだ。
「あいつが、あんなに発言するんだ?」
「楽しそうな、いい雰囲気の授業だな」
と思っていたと。

だから、授業研当日はまったくの別物。
(まるで借りてキタ猫のやうな静けさ故に)
「おい?おまえら、どうしたんだ??!!」と思ったと。

「皆さんとは正反対のことを思いました。」
そう切り出した冒頭の一言だけで
早くもうるっと来ていたところに
それに続いた理由づけで、感無量に。
あゝ、わかる人はわかってくれる。
何より、同志のやうな(そう言ったら相手には迷惑かもしれないけど)
尊敬に値する存在からの思いがけないエールを
針のむしろ状態で、耳にすることになるとは予想だにしていなかったから。

復活の野音で聴いた「ズレてる方がいい」での
感極まり具合を遥かに超えていました。
ホントの話。


ひとりでも味方がいる、わかってくれ、認めてくれる存在がいるということの
心強さ、頼もしさよ。
琴線がふるえまくり、ジーーーーンときてしまったよ。



駅からの帰り道、十六夜の月も、バッチリ拝みました。
海から昇ってほどない欠け始めのその月は
あたたかなオレンジ色で。
それと同時に燃え盛る炎をも連想させる力強さに満ちていて。

今宵は心にあたたかな火が灯りましたよ。


いよいよ、残すところ、あと3日。
別れの時に向けて、アレコレ推し進めなきゃな。



私ごときのちっぽけかつくだらねぇぼやきに
つきあってくださったあなたへ。

ココロからありがとう!
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。