スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

「ライバルで無き友よ さらば」と言われぬやうに

昨夕、FNS歌謡祭でのコラボレーションのことで沸き立つ少しばかり前のこと。

12月に入ったことだし。
そろそろ満1ヶ月になるなぁ。
週明け(月曜日)だから、届くかもしれない!?

そんな確かなる予感が、見事的中。


11/3にはじめて受験した手話検定の
合否結果が届きました。


結果はコチラ
おかげさまで4級(手話歴1年程度)、合格できました。

(ちなみに私が手話の必要な環境にて働いていたのは
約1年4ヶ月間。
こうして合格できた今になって、手話歴2年レベルの3級もダブル受験しておけばよかったなぁ。
ダメ元で。と正直、ちょっぴり後悔も。)


こうして私はまたひとつまとっていたモノを脱ぎ捨て
自由になれた気がします。

ココロも身体も軽やかで。
この勢いのまま羽ばたけそうな気がしたもの。
(手紙だってこの勢いを借りれば、書けるかも!?とさえ思ったわ)
少なくとも、昨夜は。


よほどのこと(例えば、マークした解答がすべてズレてしまったみたいな悲劇)が
起こっていなければ、間違いなく合格圏内だという確かな手ごたえは
試験が終わった瞬間からありました。

とはいえ、こうして正式なる結果が出て
はじめて両手離しで喜べるというもの!


同封の個人成績表と問題用紙とを照らし合わせて
誤答だった唯一の問題を突き止めると・・・

Oh,no!!!!!

なんてこったい。

こんな1問のために、満点を逃したのか・・・orz
情けないやら、悔しいやら。

ああ、やんなっちゃうぜ。

正解:たまごとおにぎり、全部で1,200円です。
誤答:たまごとおにぎり、全部で3,200円です。



数字問題で数問怪しいないしは自信が持てないところがある。
と思ったその感触どおりの誤答だったとはいえ
「良かったなぁ。しかも高得点ですごいじゃないか!」と持ち上げるだけ持ち上げておいて
トドメの一撃(冷静沈着なるダンナくんの一言)に
返す言葉もなく、撃沈。

ごもっともです。
たまごとおにぎり買って、3,200円は
確かに有り得ないさ。
よほど買い占めなきゃね。


されど、試験の時にはそこまで深読みする余裕なぞ一切なく。

1回目の映像視聴で、数字(金額)問題の不意打ちに意表を突かれ
ほぼ棒に振った愚かなる私にとっては
2回目の視聴、一発勝負だったので。
これ以外の選択肢は、2,100円と2,300円だったから
絶対に上述の(正答&誤答)の二者択一だ!というところまでは
瞬時に目星をつけて、問題の「千」の位の手話を注視したのだけれど。
一本指、それとも、三本指???
漢字の「千」を描いたその瞬間の
指の本数がどうしたわけか?見分けられなかったという。

あんなにも前方を陣取って
眼鏡まで装着していたのにねぇ(涙)。

今となっては、悔しいです。無性に。


嬉しいけど無性に悔しい。
とはいえ
悔しいけどやっぱり嬉しい!


この手話検定受験に際して
色々なタイミングでエールを送ってくださったトモに
報告メールを入れると・・・。

その返信に鼻の奥がキューンとなってしまった私デス。


手話検定当日も、同じ東京の地を踏みしめていて。
検定直前までやりとりをしていた西のトモより。
「エレカシを聴きながら明日も明後日もその次の日も
夢に近づけるよう努力して生きていくと思った次第です」


毎日のやうにLINEで会話をしている
(同胞でもあり戦友でもある)東のトモより。
「わたしもがんばって暮らそうと思いました。
季節はずれの男を思い出しました。
わたしがさらばと言われないように。」


私なんかが足元にも及ばないくらい
常日頃がんばっているトモたちからのこのあたたかくて
どこまでも前向きな言葉たちは一体なんだ?!



「わたしが迷い傷つき
努力してきた日々が
いつしかあなたを彩る花束になるのです」


昨夜から「あなたへ」の一節がエンドレスで
脳内再生されてやまず。


「あなた」と「わたし」がいて
「すべてはあなたとわたしから始まる」


エレカシから離れた日常生活において
こんなにもスーッとこの歌詞が沁み込んでくるなんて吃驚だ。
まさしく大発見だ。



私もまたここからガンバロウ。

「ライバルで無き友よ さらば」と言われぬやうに。
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。