スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

「カバーアルバム2」絶賛ヘビロテ中

こんなにもハマるとは思ってもみませんでした。

「カバーアルバム2」
聴けば聴くほどに、魅力の宝庫で。
もはや底なし沼にズブズブハマり込むかの如し。





「エレカシトリビュート2」を聴いたことで
カバーアルバムというモノに対する印象を
根底から覆されたと言っても過言ではないかもしれません。

エレファントカシマシへのリスペクトから
誠心誠意、全力投球で
原曲や宮本さんの歌唱にかなり忠実なカバー。
(ある意味コピーモードと言ってもいいかしら?)
のみで終わらぬところに、バンド・アーティスト各々の
並々ならぬエレカシ愛を感じるというか。

それぞれが選曲し、カバーしてくださったその楽曲への
ラブコールの嵐!嵐!!嵐!!!
時としてジェラシィ感じるほどに、エレカシへの愛に溢れているなぁと
しみじみ感じ入ってしまった私です。


試聴サイトから、印象的だったコメントを拝借さていただきながら
新たに感じたことを、以下に書き残しておこうと思います。





1.今宵の月のように
10-FEET(TAKUMAさん):「エレカシを聴くと、優しくて不思議な力を持ってるなぁ。といつも感じます。
今回『今宵の月のように』で参加出来てホントに嬉しかったです。」

10-FEET(NAOKIさん):「ベーシストとして、とても楽しかったというか勉強になりました切なさの中でロックしている代表的な名曲で参加出来た事をとても嬉しく思います。」

10-FEET(KOUICHIさん):「こんな素晴らしい曲を僕達でカバー出来て嬉しく思います。レコーディングもエレカシメンバーになりきったつもりで挑んだので楽しくレコーディング出来たのでよかったです!」

3ピースバンドでメンバー数が少ないし
それぞれのコメントがシンプルかつコンパクトであるとはいえ
皆さんがそれぞれコメントをしてくださったのも
ありがたく、嬉しいことだよなぁ~なんて
いちファンに過ぎない私でも思ってしまうわけで。
しかも、示し合わせたかのやうに「参加できたことに対する感謝や喜びの気持ち」を
表してくださったことも(実際の話、示し合わせてのことだとしても)。
私にとって、10-FEETというバンドはほぼ未知なる存在にもかかわらず
いいバランスで成り立っているのだろうなぁとこのコメントと演奏とから
しみじみ思ったりもして。
ここだけの話、FNS歌謡祭での、ある意味意表を突きまくりだったコラボレーションの後に
耳にしたことも多々あり、素直に、まっすぐに歌ってくださったこと
変にカッコつけたり、奇を衒わず、原曲に忠実に
大切にカバーしてくださったことが殊更に嬉しかったのだと思います!
(あんたわかるかい?この気持ち)





2.月の夜
BRAHMAN(TOSHI-LOWさん):
「当のメンバーが気に入ってくれるかは知らねえが
この曲を初めて聞いた15歳の俺は気に入るんじゃねえかな
あの晩に見ていた未来への明かりの見えない「月の夜」
結局 同じ月が23年の時を超えて俺の頭を照らしていた」

誰よりも熱く、エネルギッシュに怒号にも近い絶唱で
切なさを織り交ぜて歌われたのが
全11曲中もっとも短い「月の夜」。
このコメントって、曲解するならば
今も昔も変わっていないということ。
それはTOSHI-LOWさんにとっての未来への明かりの見えない「月の夜」のみならず
エレファントカシマシという存在が。
私にはそんなメッセージとして響きました。
「ドキュメンタリー」映画のコメントの中でも
それにリンクする発言が、幾度となくあったから。
「エレファントカシマシ」というバンド、その楽曲が
「儚いけれど希望の光」ないしは「突破口」的な。
試聴した際、ものすごい威圧感を放つ絶唱に
少なからずひるんでしまったけれど。
その先が気になるという感想をそのまま放置せずにホントに好かったと
今つくづく思っています。





3.悲しみの果て
THE BACK HORN(菅波さん):
想いと気合いを音に込めて、カバーしました!」

その言葉に嘘はなく、終盤原曲に忠実なるカバーモードに転じる瞬間の
4つのどっしりした和音。
あまりの音圧に、ぶっ飛びましたから。
「気合い」の塊そのもの。ハンパないなぁと心底思いました。
前半のアンニュイなモードには、いい意味でヤラレマシタ。
「悲しみ」に加え「憂い」をも感じさせるというか。
サビの「コーヒーを飲もう~」が
1995下北沢シェルター初披露ver.と同じ節回しだったことに何より震えた私です。





4.リッスントゥザミュージック
tacica(猪狩さん):
宮本さんの歌の力を改めて痛感させられました。
それでも自分達なりの想いを表現出来たんじゃないかと思います。」

シンプルかつ淡々としたバンドの音色に乗せて
宮本さんの譜割や節回しにほぼ忠実に歌われていたけれど。
「別れの気配を~」の「~を」でガツンとキタわけです。
こんなにも不穏なコードだった?と。
でも、このBメロでの揺らぎがあるからこそ
再びAメロに戻った時に、ふっと軽くなれて、安堵するというか、救われるというか。
都会(街)の雑踏(音)で始まり、都会の雑踏で終わるのも
「エレファントカシマシ」=「東京の空」というリスペクトを感じました。
ここだけの話、イントロの頭が
大沢誉志幸の「そして僕は途方にくれる」を彷彿とさせ
違う意味で一瞬連れ去られてしまった私です。





5.風に吹かれて
秦さん:
「この細胞に染み付いた「エレカシ節」を感じつつ、
秦流の『風に吹かれて』を楽しんで頂けたら」

「笑顔の未来へ」にc/wとして収録されたnew recording ver.のカバーですよね。
原曲よりもヴォサノバチックなアレンジ(とりわけアウトロがモロ)が
より大人で、都会的というか、洗練された感じですねぇ。
風のやうな歌声だなぁとしみじみ思いました。





6.旅の途中
GOING UNDERGROUND(河野さん):
「「この曲がぼくにはずっとこんな風に聴こえていたんです」という気持ちを形にすることができたこと、
それについては感謝という他に言葉が見つからない。」

あのストリングスアレンジはズルイなぁと思いました。
私の琴線を激しく揺さぶったのは、イントロの
希望に満ち溢れたストリングスアンサンブルだったので。
ここで懺悔。
試聴サイトで聴いた際には、Vo.松本さんの歌声
ほぼお初も同然と書いていたけれど
嘘もいいところでした(ペコリ)。
すっかり忘却の彼方でしたが、2年ほど前に
毎朝のやうに松本さんの歌声を耳にしていた期間があったことを
CDで全曲通して聴いていくうち、じわじわ~と思いだしたという始末。
NHK教育テレビの「0655」の
おれ、ねこ」を歌っていた松本さんの声で
一日が始まっていたんですよねぇ。
若干癖っぽい歌声での、おどけた歌い方とは一線を画す
なめらかで、さわやかな歌声での優しい歌い方に聴きほれるあまり
まったく結びつかなかったという。
とはいえ、ところどころにちょっぴり癖っぽさが感じられ
不意に記憶のひだから懐かしい歌声が流れ出したのでした。
なんてこったい。不覚にもこんなにも時間を要してしまったわ。









7.デーデ
曽我部さん:
「高校生のときに聴いて衝撃を受けた曲です。
それ以来、何かあると、心でくちずさむ曲です。」

アカペラで、鼻歌交じりに口ずさんで始まるところが
もうこのコメントのまんまで。憎すぎる!
こんなモードで口ずさまれてキタ(いる)のだろうなぁと。
その後の弾けまくりなセッション同様
曽我部さんの歌声も、ファンキーかつノリノリで。
スカッとするほどに爽快で、癖になります。
かすれがかった歌声に妙に臨場感があるなぁと思いきや
それもそのハズ!一発録りだったのですねぇ。
どうりで、グルーブ感がハンパないわけですよ。大いに納得。







8.ふわふわ
グループ魂(暴動さんことクドカンさん):
「どんなに偉大なバンドでも、トリビュートするからには必ずコントから始める。
これがグループ魂のマナーです。」

「どんなに偉大なバンドでも」と「マナーです」とに
最上級のリスペクトを感じました。
“真面目に不真面目”という(知る人ぞ知る?「怪傑ゾロリ」の)キャッチコピーが
どハマりなカバーだなぁと思わず(ニタリ)。
コントについては、文字では書き表せない次元の抱腹絶倒さ。
これでもかっ!これでもかっ!!!と放り込まれる
エレカシファンのツボを刺激しまくる通なワード満載で。
「宮本巡査」「今宵の月のように」「おはよう こんにちは」「珍奇男」「森鴎外」
「武蔵野」「ファイティングマン」「友達なんかいらないさ」等々
月夜の「甲州街道」にて暴言・放言・妄言が繰り広げられた職質の果てに
「デーデ」のイントロにおおっ!とテンションあがったところに
実は「ふわふわ」でしたぁ~というおとしどころ。
これはあまりにもズルすぎますよ。
EPIC期の宮本さん特有の、バンドとはズレズレなヴォーカリゼーションへの
オマージュも見て取れ、おおっと思わされたり。
フリーダムなヴォーカルや時折差し挟まれるコントとは裏腹に
演奏の素晴らしいこと!
時折エレカシの音か?と錯覚するくらい、似てるというか。
中間部で「デーデ」⇒再び「ふわふわ」への流れ・橋渡しがこれまた巧妙で。
気志團チックな「ふわふわっ」、あまりにも不意打ちすぎて
無防備なあまり吹き出しましたよ(ニタリ)。
「今回20曲近く候補を挙げた」とのことですが
奇しくも落選した中の1曲が間違いなく「デーデ」だったのでせう。
今回、2曲を続けて聴くことができ
またグループ魂が「ふわふわ」の中で「デーデ」を
取り込んでくれたことで、この2曲の共通点に今更ながらに気づかされたり。
「敵にまわす」どころか、むしろ感謝・感激しきりなのでした。
エレカシさん達がどう思われたかのかはさておき。





9.ガストロンジャー
KenKen :
「この歌詞を歌えた事は自分への指差し確認でもある様な気がします。
これからも演奏家として生きて行く事を誇りに思える一曲です。
胸をはってさ、そう。」

一人ですべての楽器を演奏され、ラップ部分の詰め込むだけ詰め込んだ台詞を
淀みなく畳み掛けただけで、筆舌しがたい才気としか言いようがありません。
「心を込めて作りました」というコトバに嘘はないですよね。
時折、畳み掛ける声が宮本さんの再来か?と思う瞬間があり
ものすごく不思議な体験でした。
Aメロ(ラップ)とBメロ(サビ)の対比にしてやられたり。
「ガストロンジャー」に限らず、「暑中見舞」や「悪魔メフィスト」でも
感じていた、それこそ宮本浩次というロック歌手の中に存在する2面性
「悪魔と天使」「男と少年」
その楽曲内に感じられる「地獄と天国」さながらな描写。
その対比を見事なまでに形にしてくださるとは・・・!!!
天上から降り注ぐ、まるで讃美歌のやうな神々しい歌声と
天上の音楽さながらなアレンジには言葉を失いましたよ。
怖いもの“観たさ”改め“聴きたさ”で聴いてよかったと
心底思った瞬間でした。
それと同時に、自分の直感、案外的を得ているってことに
「胸をはってさあ、そう!」





10.月夜の散歩
Charaさん:「浩次氏の"男"気な歌心を
Charaの"女の子"(男の子を愛してる)で表現出来たらって思いました
THE NOVEMBERS のカオス原曲の美しさ
純粋に神秘的なあのお月様を同じ時に見てる様な恋に落ちる途中みたいな感じで
結果、ウイスパーボイスしか使いませんでした」

THE NOVEMBERS ( 小林祐介さん) :
「月夜の散歩」の中にある侘び寂びや情緒と、Charaの持つ神秘的な女性性が交わり、
その間に自分たちが存在していることへの感動はとても大きかったです。」

両者がリスペクトし合いながら
さらにリスペクトする楽曲「月夜の散歩」を共に演奏するという背景が
もう素晴らしいですよね。
Charaさんの舌っ足らずだけれど、神秘的かつ幻想的なウィスパーヴォイスも
狙ったということではなく。
「結果、そうなった」ということを知り得て好かったなぁ。
それは、原曲とTHE NOVEMBERSによる演奏とにより
引き出されたものですよね。
ものすごい化学反応が起こってのカバー。

歌詞カードを観ながら聴いていて、この曲で涙がこぼれそうになったのは
宮本浩次という人の文豪顔負けの詞の秀逸さに琴線が震えたからでもあって。
1番サビでは「かまわず 時よ 俺達 連れて行けよ」と
時の流れに身を委ねていた(ゆだねざるを得なかった)のに
2番サビでは「流れ行け 時よ 俺達をおいてゆけ」と
無理を承知ながらも「おいてゆけ」と真逆のことを歌わずにはいられないところ。
メロディとわずか5分弱という時間のしばりの中で
(原曲はなんと3:29でした)書かれた詞にもかかわらず
情景描写と登場する2人の心理描写までもが
目の前に浮かぶかのやう。
まるで森鴎外の小説さながらだなぁと心底思った私です。
もっと歌詞カードを目にしながら、そこにあるコトバをかみしめつつ
聴き味わうべきだとまたしても反省しきり。





11.さらば青春

Daragon Ash(Kj):
選曲の理由=「同じ様な気持ちを抱いているから

「さらば」で始まり「さらば」で終わるというのが実にいい!
しかも「バーイバーイバーイ」だもの。
切なさよりも、力強さに満ち溢れたDragon Ashのバンドサウンドも
心地よく響いてやまず。
Dragon Ashとしての「青春」時代との決別?
それともKj個人としての「青春」との決別??
なんて、ちょっぴり思う瞬間もありつつ。
同じ12月という時節に聴いているせいもあるのでしょうか?
2010年12月24日放映の「僕らの音楽」での宮本×Kj対談での
やりとりもが懐かしく蘇り、いろいろな意味で胸がいっぱいに。





これを書いたことで、いくらか熱が落ち着くといいのですが。


関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。