スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

遅れて来たヒーローとエレ夢

ひとつ前の記事を書き終えるか否かのタイミングで
待望のエレ賀状がご到着!

元日に届かなかったなんて、前代未聞のこと。
少なからず心配しましたよ。

とは言え、結果オーライ。
かえってよかったのかも。
家人が出払っているタイミングで
こうして手に取れたことは!!!

しかも輪ゴムで束にされていなかった故に
ものすごーく綺麗な状態で届いたわけだし!!!



あまりにもSo coolな4人衆に、グワシッと瞬時にして鷲づかみされ。
うぎゃっと声を漏らしそうになりましたとも。

こういうと語弊があるかもだけど。
宮本さんは想定の範囲内だったのに対し
他3人のカッコよさ、渋さと来たら、絶句ものですよ。

成ちゃんのオールバック(ものすごくひさびさに目にしたせいかな?)
凛々しいトミ
そして、なんと言っても外タレ(否、外人ミュージシャン)然とした石くん!!!
一人だけギター持っててズルイぞモードもひっくるめてツボすぎました。

このギュッとまとまったグループショットこそ
アーティスト写真に使えばいいのに~。

このくらいのグレーな背景に黒基調の出で立ち。
これぞ、エレファントカシマシ!ですよ。


不意に、2008年11月
「桜の花舞い上がる武道館」のお知らせハガキが
届いた時の感激が蘇りました。
もっともあの時のアーティスト写真は
もっともっとよそ行きないでたちだったけれど。





2日未明に観た初夢は奇妙奇天烈なエレカシとは無関係の夢でした(ガックリ)。

しかしながら、昨夜観たディレクターズカットと
布団の中で就寝直前に聴いたダイノジ大谷さんの
愛あるエレカシトーク&秘蔵エピソードのおかげか?!
今日未明に、待望のエレ夢を観ました!!!

さいたまスーパーアリーナという設定だったのですが
ステージは坂道(アスファルト)になっていて。
その縁から坂道で繰り広げられるライヴを観ているというもの。

しかも最前列!
2010年11月以来だなぁ~とは夢の中では感慨に耽るゆとりもない程に
うっとりしちゃっていたのだろうか、私?!

宮本さんの「色々な人を呼んじゃった」発言を反映してか?
高校の合唱部生徒たちがコーラス隊として、舞台に登場する場面も。
彼らが退場するシーンまでリアルに覚えているというのは
紅白歌合戦のドリカムのステージでの高校生によるコーラスシーンが
相当インパクトがあり、刻まれてしまったということだわ。

それが時間の経過と共にエスカレートし
もはや純然たるコンサートではなくなっていて。

物語に沿って展開してゆく感じだったのかしら?
突如として、宮本さんが「桜の花、舞い上がる道を」MVさながらに
ステージ縁で客席に頭を向けて仰向けにに横たわり。
これって、きっと、イントロの間の演出なんだなと妙に納得していると
歌い始めのフレーズになっても起き上がらないどころか
寝息を立ててる?!と気づき、オロオロアワアワしながらも
左隣で観ていた方と一緒になって
「ミヤジー、起きて!」「もう歌始まりですよー」などと
声をかけ、時に頭をゆすってなんとか起こそうとしている・・・。

なんちゅー展開じゃ!?


そこで目が醒めました。
(なるほど・・・起きてーは平気で朝寝坊している自分へのメッセージそのものだったのかも)


初のエレ夢も、前日に負けず劣らずの摩訶不思議な夢でした。
とはいえ、こうして新年早々、夢で逢えたのは
実に素敵なことだわ!

きっといいことあるに違いない!!!とポジティブ宣言。






たまアリに向けて、一体どんないでたちで参加しやうか
少しずつ考え始めていますが。
未だ結論に至らず。

とりあえずは昨日、新調したショートブーツを履いて
自分の実家に電車と徒歩で年始の挨拶に(駅と実家間徒歩往復40分)。
7年間にわたり朝に夕に通った、大好きな、懐かしい銀杏並木。

いつもは車で通りすぎてしまうので
久々に歩けて嬉しかったわ。

三嶋大社へも徒歩で詣で、さらに往復1時間は歩いたのですが。
早くも大社からの帰り道、脛がイタイことイタイこと。
日頃の運動不足に加え、下ろしたてのブーツとの相性が
今ひとつだった様子。

FESさながらな入場制限有りの誘導状態でしたが
お賽銭前のエリアはさほど混雑しておらず、ひょうしぬけ。


夕暮れってやつは美しい。


建物に遮られても、こんなに大きな富士山久々だ(感涙)。



どうしたわけか?
あんなにも痛かった脛が、今日はなんともないのが不思議です。

さいたまへ履いてゆく気満々だったけれど
再考の余地ありです。

幸いスタンド指定席なので、開演直前まではまったり過ごせるけれど。
午前中はダンナくんと東京の空の下、歩き回るかもしれないし。
そうじゃなくても、コンサート自体3時間の長丁場になると踏んでいるので。
(2011年の日本武道館での新春は30曲3時間越えでした)

そうは言っても、ブーツは必須アイテムなので。

日比谷野音2日目も大阪城野音2日目も
これとは別の厚底ショートブーツにどれほどまでに
助けられたことか。


今まで参加したトータル5回の新春ライヴを振り返ると・・・
長袖(Tシャツないしはユニクロのヒートテック)1枚に
半袖Tシャツの重ね着くらいでちょうどいいんですよね。
もっともアリーナスタンディングではなく
すべて指定席での話。
武道館アリーナ(座席)は底冷えがして
周囲の空気も己自身も温まらない感じがあったけれど。
渋公での4回は、ただただ熱かったし
時間の経過と共に自分も周囲も温まり、どんどん暑くなり
着込みすぎていた1日目は、びっしょりになりましたから。
その反省をもとに、2日目は軽装(長袖+買いたてほやほやのGOODS T)に転じ
事なきを得るも、終演と共に帰路を急ぐあまり
着替える間合いがムズカシイのが唯一難点だったことも
不意に思いだしました。


とりあえず、明日、30歳になった卒業生の2度目の同窓会に招かれており
夕刻から夜にかけて出かけるので
Tシャツを着ないパターンの出で立ちで出かけてみようかと。
某ホテルでの立食パーティ(3年前に3つ上の学年の同窓会)を同会場で経験済みですが
会場自体が結構暑かった気がするので。
エアコンの兼ね合いもあるとはいえ、人がかなりの数集うと
それだけで熱気がものすごいのですよねぇ。

夜間の外気温も込みで体感チェックしてみて
最終的には週間天気やら予想気温も込みで
来週の出で立ちを決めようかと思っています。

ショートブーツの履き心地も、再度確かめてみるとしやう。そうしやう!


1/11、風のない穏やかな晴天に見舞われますやうに(祷)。


関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。