スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

2014.1.11 はじまりは今

日付が変わる直前で、観終えました。

WOWOWぷらすとタイムシフト予約で。


15.000人が集まると鹿野さん。
チケット、ほぼ売れているとも。
そして、花くまさんの貴重なお話あれこれ。
聴くことができて嬉しかったけれど
それこそ、ドキュメンタリー映画でも
語っていただきたかったなぁと。

極めつけは大谷さん。
あそこまで、エレカシに惚れこんで
宮本さんから多大なる影響を受けていたとは梅雨知らず。
吃驚しました。


私もなんです。
RIJF2006と2007でLAKE STAGEに追いやられてしまった映像を観ると
何か胸が締め付けられるやうな、切ない気持ちになってしまって。
それが例え、ライヴ画像でさえ、なんだかちょっとツライ。
そんなところにも大谷さんが
触れておられたのにも吃驚。
いやぁーこれは嬉しいシンクロシティだったなぁ。


ずっとずーっとエレカシと歴史を共にし
その軌跡を見守り続けてきた方々だからこその
言葉の重み。


最後の最後に、男泣きされた大谷さんに何よりグッとキテやまず。
でも、こうやって泣けるって
カッコイイし、ステキなことだと思います。


1.11はエレファントカシマシにとって「新たなるスタートライン」。
鹿野さんもそんなやうなことおっしゃっていたけれど
奇しくも私、昨日のカードにまんま書いていました。
全くもって同感です。

単に、バンドとしての25年間の到達点ではなく
あくまでも、ひとつの節目あって。
むしろ通過点であり、ここからまた新たに始まってゆく
出発点だなぁと思います。


5年半という短いファン歴にあっても
そんな貴重な瞬間に立ち会えることに胸を張りたいし
ただただ感謝の気持ちで胸がいっぱいです。


デビュー25周年「おめでとう」
いつも「ありがとう」
これからも「よろしくな」

この3つの思いを胸に
記念すべき、とびっきりスペシャルな
新春ライヴ2014@さいたまスーパーアリーナに
いざゆかん!


それでは一足早くにご挨拶を。
行ってまいります。

2014.1.11 長い一日のはじまりは今。
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。