スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

LIVE DVD『エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ』リリース

情報解禁日であることを思いだし
オフィシャル覗いてきました!



1988年3月21日の衝撃的デビューから四半世紀 2013年3月21から2014年の3月20日までを25周年記念イヤーと位置づけ ライブ活動休止からの復活を期に、疾風怒濤の如く駆け抜けた エレファントカシマシ。 25周年イヤーの最後を飾る待望のNEW RELEASEが決定! バンド史上過去最大規模 初のアリーナ公演 25年の軌跡を凝縮したスーパー・ベスト・ライブ!! 全37曲 ノーカット4時間完全収録!! そして、バンドは新たな四半世紀へ突入!! 【初回限定盤特典】 スペシャルパッケージ&豪華ライブ写真集 72P付

LIVE DVD『エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ』

初回限定盤:UMBK-9279/80 ¥6,900(税抜)+(税) スペシャルパッケージ&豪華写真集ブックレット72P 付
dvd-saitam-shokai.jpg
エレファントカシマシ デビュー25周年
SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ [2DVD+写真集ブックレット]<初回限定盤>



通常盤:UMBK-1207/8 ¥6,000(税抜)+(税)  アマレートールケース
dvd-saitam-tujyo.jpg
エレファントカシマシ デビュー25周年
SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ<通常盤>



エレファントカシマシ25年の軌跡が一つのステージに凝縮された濃密な時間。 盟友のサポートミュージシャン、ゴージャスなゲストミュージシャン達とともに いわば“エレカシ デビュー25周年祭”ともいうべき大団円を迎えた一大イベント 映像集。監督はエレカシの数々のMUSIC VIDEOや『復活の野音』等でお馴染みの番場秀一が手がけた。
会場を埋め尽くした14,000人のファンとともに共有したライブ空間を、DVDとしてふたたび!!


収録予定曲

Disc1

Sky is blue/奴隷天国/悲しみの果て/新しい季節へキミと/今はここが真ん中さ!/彼女は買い物の帰り道/リッスントゥザミュージック/ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ/Darling/シャララ/ココロをノックしてくれ/未来の生命体/デーデ/達者であれよ/今をかきならせ やさしさ/珍奇男/男餓鬼道空っ風/風に吹かれて(Piano ver)/傷だらけの夜明け/あなたへ/ハナウタ~遠い昔からの物語~
ズレてる方がいい/俺たちの明日

Disc2

第2部 今宵の月のように/さらば青春/昔の侍/旅/桜の花、舞い上がる道を/笑顔の未来へ/あなたのやさしさをオレは何に例えよう/so many people 生命賛歌/ガストロンジャー/ファイティングマン/ アンコール 男は行く/待つ男

復活の野音DVDみたいに、初回限定盤のスペシャルパッケージの下には
通常盤ジャケみたいな感じで、ひとつで二度おいしいといいなぁ。

初回盤はブックレット付が嬉しいですね!

番場さんが手がけられたとのことですが。
WOWOWで生中継された映像とはまた別ver.になるのか?

文字通り4時間まるまる完全収録ですよね!!!???
(復活の野音ではノーカットを歌いながらも
「あなたへ」前のお召替えがカットされていましたよねぇ)


WOWOWでの再放映を視聴したことで
「待つ男」歌い終えた後のざっくりした名前のみのメンバー紹介の一部始終を
どうしても確認したい想いが日に日に募っているのは
私だけじゃないですよね??

「生命賛歌」イントロでの機材トラブルによる無音声状態も
先日のWOWOWではご丁寧に修正されていたけれど
ありのままがいいよーと思ったし。
生々しくてこそのライヴじゃないですか。


今のところ、その二点においては強くそう思います。


今回ばかりは値段が上乗せされても
Blue-rayのリリースをも希望していたのだけど。
この点に関しては、うーーーん・・・残念無念だわ。





そうは言っても善は急げ!ということで
タワレコオンラインにて現時点で使用可能な900ポイントを投入し
つつがなく予約完了!

今後もしも10倍ポイントセールがあったら
その時点で考えるとします。





ようやく市街地までドライヴがてら買い物に行く
気力体力共に満ちてきました。


来月リリースのさいたまスーパーアリーナDVDはもとより
今春ダブルで新入学を迎える息子たちの準備で何かと物入りのため
書店にて、Player3月号掲載のさいたまレポを拝読(ペコリ)。

Player (プレイヤー) 2014年 03月号 [雑誌]Player (プレイヤー) 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/02/01)
不明

商品詳細を見る


LIVEレポの筆頭(1/2頁上段)へのカラー写真での掲載に
まずはココロ踊り。
(ちなみに同ページ下段は怒髪天武道館レポでした。
そういえば「JAPAN」には怒髪天武道館のこと
一切載っていませんでしたよねぇ。
そんなことも思ったり。)

「これから先、進む道が楽しみ」というやうな
未来への期待感溢れる一文で〆られていたのが
何より嬉しかったです。


はてさて「MUSICA」に掲載されるレポはどんなでせうねぇ?!

MUSICA (ムジカ) 2014年 03月号 [雑誌]MUSICA (ムジカ) 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/02/15)
不明

商品詳細を見る
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。