スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

正夢になって欲しいのは

今朝起きる直前まで観ていた夢は
エレ夢ではなく、スピ夢でした。

まったくの想定外だった上
それがスピッツライヴ(しかも一度たりともたどり着くことが
叶わなかったスタンディング)だったので
夢の中とはいえ、少なからず動揺している私。
(そんな自分にそれってどうよ?!と突っ込みいれたくなったりもして)





あれはものすごい狭いハコだったなぁ。

ステージの幅は小学校の体育館のそれといい勝負!?
否、それよりさらに狭かった気がする。

スタンディングゾーンはそれこそ
体育館の5分の1くらい??!!

そんなギュッとコンパクトな会場での整理番号が
最前列狙える番号だったので
さすがの私も、ライヴ開場直前になり
(観るか観ないかの狭間で)グラつく気持ちを立て直し
ポジション取りにいざ出陣!!!

結果、最前列ど真ん中より2人分ベース田村さん側という
好位置をいとも簡単にゲットでき、少なからず
ひょうし抜け。

オープニング曲は、ニューアルバム『小さな生き物』からのハズが
夢の中では自分が唯一たどり着けた2008年3月と同じ
「僕のギター」っぽい曲だった気がする。

あれ?!と疑問を抱きつつ
その後に待ち受けているニューアルバム以外からの選曲が
自分にとってはど真ん中過ぎる楽曲のオンパレードだから
楽しみだーーー!!!と思った矢先に目が醒め、THE END。



これは何を象徴しているのだろう?
自分の潜在意識の中では、少なからず気になっているということ??

「君の記憶の片隅に居座ることを 今決めたから」と
草野さん歌っておられますからね。
宮本さんもお好きだとかつて宮本×草野対談@bridgeでおっしゃっていた
「涙がキラリ☆」の中で。




ひとつには春先に自分が行けるかどうか
まったくもって不透明なフェスのことが
ひっかかっているのだと思います。

で。今のところ、ひとつもエントリーしていなければ
チケットも手にしていません。

一般発売前のプレリク第三次も発表されたし。
JAPAN JAMの動向も気になっているし。
そんなこんなで、まだ今は動き時ではないのだろうと
思っています。




そんな今日、かねてから一度でいいから観てみたいと
願い続けていた伝統芸能のチケット情報が
ひょんなことから舞い込んできて。
(過去にも一度チャンスはあったのですが。
その時は、三男がお腹にいて、泣く泣く断念した苦い思い出となっています)

その公演日が、ザ・クロマニヨンズ×エレファントカシマシの対バンが
福岡で行われる前夜。
それを知った瞬間、ほぼ衝動的にダンナくんを誘うと
「チケット早く取らないと!(自分は無理だと思うけど)」と
想定外のいい返事が返ってキタため、良くも悪くもひょうしぬけ。
明朝、速攻で問い合わせてみようと思います。

これが叶わぬ定めなら、ココロの針が思わぬ方向に
振れるかもしれません。

仮にこのチケット(良席)が取れたとしても
メトロックの1週間前。
チケット取れるかどうかはさておき
フェスに参加できる余地は残っているということで。


さて。どんな風に転がってゆくのやら!?
自分の進退も含め、ここから先
ドキドキ・そわそわした日々を過ごすことは
ほぼ間違いありません。



今日の一連の出来事を通して再確認したこと。

何より正夢になって欲しいのは
間違いなく、「スピッツ」の「スタンディング」ライヴではなく
「狭いハコ」での「エレカシ」ライヴなのだろうなぁ。




自由席ですが、S席チケットを無事抑えられました!

念願だった薪能、そして、野村萬斎さんの狂言を
遂に鑑賞できます!!!



嬉しいなぁ。







関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。