スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

シンクロした瞬間にココロ踊り、6番目の月に感謝した夜

自分が受験したわけでもないのに、なんてこったい。
ここ数日、入試の余波に見舞われたというか。
入試にまつわるアレコレに翻弄され
過度の緊張を強いられたり、共に一喜一憂したりで
完全にキャパオーバーかつ制御不能状態でした。


いやぁ・・・受験生の母として、まさか?!
こんなにも食事が喉を通らなかったり、やたらめったら喉が渇いたり
なんだか砂を噛んでいるみたいな感覚を味わうだなんて
まったくもって思いもしませんでした。

これぞ一卵性親子たる所以?!



そんな私を掬い上げ、救うのに一役も二役も買ってくれたのは
実はエレファントカシマシではありませんでした。

(エレカシのライブ音源も聞いてはいましたが。
それはもはや日常そのものだから)





その突破口となってくれたのは、ストーンズ。

「ブライアン・ジョーンズ追悼コンサート」以来、
44年ぶりにイギリスのハイド・パークに彼らが登場。
50周年のハイライトだ。


とWOWOWオンデマンドで謳われている
「Live in London, Hyde Park 2013 Sweet Summer Sun」の録画映像を観る前に
なんの気なしに視聴した超秘蔵映像とも称される
1968年にTV放映用に制作された「ロックンロール・サーカス」録画映像で
まんまとヤラレテしまったわけです。

サーカス団の出で立ちもさることながら(これがなんとも似合いすぎ)
赤いロンT着て、歌いながらにこやかな笑顔を振りまく
若かりし日のミック・ジャガーに。

ジョン・レノンと横並びのシーンも静止画像としては目にしていたけれど。
実際、二人のやりとりを視聴したら
その破壊力ときたら(絶句)!!!

このショー自体は、それほど長丁場ではなく
えっ?!もう終わり??!!と正直思ったのだけど。

そのおかげで、タナボタ的に
ストーンズの新旧MVを視聴できたことも眼福でした。
時空を超えて、最近のMVに切り替わっても
なんら違和感を覚えず。
むしろ、年をとったことにより渋さが増したことで
カッコよさ、輝き共に増してる!と思ったのですよ。

これって、エレファントカシマシに感じていること
そのものだなぁとしみじみ感じ入りつつ
そのMVの凝ったつくり(遊び心をも感じさせる)に
すっかり魅入ってしまい、しばし放心状態でした。

肝心要の曲名は、失念してしまったので
また録画映像を観返さねばわかりません(ペコリ)。



その感動・興奮覚めやらぬモードのままじゃ到底寝付けませんって。
故に布団の中で
「ザ・ローリング・ストーンズ ライブ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013
スウィート・サマー・サン」をWOWOWオンデマンドで視聴したのは
昨夜(否、日付変わって今日)のこと。


演奏、パフォーマンスにおける魅せることにおいての
プロフェッショナルさは勿論のこと
広大なHyde Parkに集ったファンへの
気遣いやサービス等々が随所に見て取れ
ロックバンドとしての貫録と
エンターティナーとして最高のショーを届けようという姿勢(気概)とに
見ているこちらもウキウキ・ワクワク(時にドキドキ・うっとり)しっぱなしで
思わず感嘆のため息が。

相変らず、無駄のないスレンダーな身体のシルエットが
宮本さんを彷彿とさせたのは言わずもがな。


更には、思いがけないMCに行き当たり、琴線の震えやまず。

コチラが証拠キャプチャ画像です。


宮本さんがミックのこの言を意識しているのかどうかは
確かめる術もないけれど。
それでも、やっぱり、このシンクロさ加減には
嬉々としてしまうってものだ。

ちなみに「よく見えないけどみんな最高」の「みんな最高」。
実際には“You are beautiful."でした。


メンバー紹介でも嬉しいアレコレが。

キース・リチャーズが前に出てきて
マイクで一言しゃべる場面で
腰を落とし、エアギター状態で
まさに漁師が網引くポーズをとって見せたのですよ!
(その場面が今日見返したのですが、探し出せず。キャプチャできていません)


メンバーすべての紹介が終わったところで
「司会者みたいだな」とつぶやくやうに言っていたミック自身は
自分の紹介をしていなかった気が(ニタリ)。

ね?!こんなところまで宮本さんを彷彿とさせるというか
まさに二人が重なり合うというか。


こんな些細なことにココロ踊る自分に安堵したし。
何より、ローリング・ストーンズには間に合って
(すなわち、現役の間にこうして接点を持て、つながることができて)
好かったぁ・・・と心底思い、思わず久々の再会を果たせた
6番目の月に感謝したくなった夜。





余分なことも紹介すると・・・

今日は、午後一でグループ魂@CDJ13/14のステージ録画映像に笑い。
その後、星野源さん主演の映画「箱入り息子の恋」をリアルタイムで鑑賞。
時にハラハラし、涙ほろり。
総じて、ホッコリする映画でした。
TV Bros.TVでの清水みっちゃんと星野源さんのやりとりには
思わずニタリニタリ。
合間合間に、放映中の星野源@復活の武道館での歌声に耳を傾け
ココロを撫でてもらったり。

そんな今日は、星野源スペシャルデイ@WOWOWでした。

いやぁ~実に満ち足りた、密度の濃い一日でした。


今週は他にもWOWOWで録り貯めた中からようやく
映画ストロベリーナイト「インビジブルレイン」
その後日談であるスペシャルドラマ
「アフターインビジブルレイン」
映画「きいろいゾウ」を鑑賞したんでした。


関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。