スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

JAPAN JAM 2014 終了後の体験曲分析

さいたまスーパーアリーナ明けの体験曲分析は
下書きのまま寝かせすぎたので、更新断念。

今回は忘れぬうちに5/2のJAPAN JAM明けの体験曲分析を。

いつものとおり、EKDBさんの個人プロフィール内の
体験曲分析のコピペです。


1位 22回 俺たちの明日 1
1位 22回 悲しみの果て 2




3位 21回 ガストロンジャー 3
3位 21回 笑顔の未来へ 4




5位 20回 ファイティングマン 5



6位 17回 今宵の月のように 6



7位 12回 明日への記憶 7
7位 12回 FLYER 8
7位 12回 風に吹かれて 9
7位 12回 幸せよ、この指にとまれ 10



11位 11回 今はここが真ん中さ! 11
11位 11回 旅 12
11位 11回 新しい季節へキミと 13



14位 10回 珍奇男 14
14位 10回 俺の道 15
14位 10回 さよならパーティー 16
14位 10回 ハナウタ~遠い昔からの物語~ 17
14位 10回 待つ男 18



19位 8回 リッスントゥザミュージック 19
19位 8回 桜の花、舞い上がる道を 20
19位 8回 so many people 21
19位 8回 デーデ 22
19位 8回 シグナル 23



24位 7回 Sky is blue 24
24位 7回 星の砂 25
24位 7回 男は行く 26
24位 7回 花男 27



28位 6回 未来の生命体 28
28位 6回 赤き空よ! 29
28位 6回 彼女は買い物の帰り道 30
28位 6回 おかみさん 31
28位 6回 ジョニーの彷徨 32
28位 6回 いつか見た夢を 33
28位 6回 生命賛歌 34
28位 6回 歩く男 35
28位 6回 脱コミュニケーション 36
28位 6回 ズレてる方がいい 37



38位 5回 地元のダンナ 38
38位 5回 友達がいるのさ 39
38位 5回 絆 40
38位 5回 武蔵野 41
38位 5回 こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい 42
38位 5回 傷だらけの夜明け 43
38位 5回 四月の風 44



45位 4回 シャララ 45
45位 4回 季節はずれの男 46
45位 4回 東京からまんまで宇宙 47
45位 4回 涙を流す男 48
45位 4回 パワー・イン・ザ・ワールド 49
45位 4回 あなたへ 50
45位 4回 まぬけなJohnny 51
45位 4回 あの風のように 52
45位 4回 ネヴァーエンディングストーリー 53
45位 4回 翳りゆく部屋 54
45位 4回 真冬のロマンチック 55
45位 4回 何度でも立ち上がれ 56



57位 3回 It’s my life 57
57位 3回 寒き夜 58
57位 3回 moonlight magic 59
57位 3回 悪魔メフィスト 60
57位 3回 普通の日々 61
57位 3回 めんどくせえ 62
57位 3回 達者であれよ 63
57位 3回 good morning 64
57位 3回 習わぬ経を読む男 65
57位 3回 夜の道 66
57位 3回 大地のシンフォニー 67
57位 3回 奴隷天国 68
57位 3回 コール アンド レスポンス 69
57位 3回 始まりはいつも 70
57位 3回 涙 71
57位 3回 あなたのやさしさをオレは何に例えよう 72
57位 3回 なからん 73
57位 3回 風 74
57位 3回 やさしさ 75
57位 3回 漂う人の性 76
57位 3回 ハロー人生!! 77
57位 3回 はてさてこの俺は 78



79位 2回 雨の日に・・・ 79
79位 2回 さらば青春 80
79位 2回 女神になって 81
79位 2回 すまねえ魂 82
79位 2回 月夜の散歩 83
79位 2回 歴史 84
79位 2回 誰かのささやき 85
79位 2回 Baby自転車 86
79位 2回 昔の侍 87
79位 2回 OH YEAH!(ココロに花を) 88
79位 2回 ゴクロウサン 89
79位 2回 ゴッドファーザー 90
79位 2回 朝 91
79位 2回 soul rescue 92
79位 2回 ワインディングロード 93
79位 2回 流れ星のやうな人生 94
79位 2回 to you 95
79位 2回 夢のちまた 96
79位 2回 暮れゆく夕べの空 97
79位 2回 真夜中のヒーロー 98
79位 2回 化ケモノ青年 99
79位 2回 うつらうつら 100
79位 2回 月の夜 101
79位 2回 理想の朝 102
79位 2回 流されてゆこう 103
79位 2回 太陽の季節 104
79位 2回 石橋たたいて八十年 105
79位 2回 九月の雨 106
79位 2回 平成理想主義 107
79位 2回 秋-さらば遠い夢よ- 108
79位 2回 今をかきならせ 109



110位 1回 BLUE DAYS 110
110位 1回 何も無き一夜 111
110位 1回 凡人-散歩き- 112
110位 1回 晩秋の一夜 113
110位 1回 おはよう こんにちは 114
110位 1回 道 115
110位 1回 過ぎゆく日々 116
110位 1回 無事なる男 117
110位 1回 Tonight 118
110位 1回 ふたりの冬 119
110位 1回 なぜだか、俺は祷ってゐた。 120
110位 1回 ココロをノックしてくれ 121
110位 1回 遁生 122
110位 1回 人生の午後に 123
110位 1回 それを愛と呼ぶとしよう 124
110位 1回 too fine life 125
110位 1回 おまえと突っ走る 126
110位 1回 定め 127
110位 1回 東京ジェラシィ 128
110位 1回 勉強オレ 129
110位 1回 ラスト・ゲーム 130
110位 1回 見果てぬ夢 131
110位 1回 Darling 132
110位 1回 地元の朝 133
110位 1回 曙光 134
110位 1回 クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ- 135
110位 1回 情熱の揺れるまなざし 136
110位 1回 赤い薔薇 137
110位 1回 DJ in my life 138
110位 1回 ふわふわ 139
110位 1回 サラリサラサラリ 140
110位 1回 ハローNew York! 141
110位 1回 約束 142
110位 1回 優しい川 143
110位 1回 ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ 144
110位 1回 Destiny 145
110位 1回 この世は最高! 146
110位 1回 甘き絶望 147
110位 1回 いつものとおり 148
110位 1回 きみの面影だけ 149
110位 1回 土手 150
110位 1回 ドビッシャー男 151
110位 1回 人間って何だ 152
110位 1回 極楽大将生活賛歌 153
110位 1回 孤独な旅人 154
110位 1回 うれしけりゃとんでゆけよ 155
110位 1回 精神暗黒街 156
110位 1回 世界伝統のマスター馬鹿 157
110位 1回 男餓鬼道空っ風 158

オレンジ表記⇒JAPAN JAM 2014@新木場STUDIO COASTでの演奏曲
⇒初体験曲

⇒JAPAN JAM 2010@富士スピードウェイでの演奏曲
⇒JAPAN JAM 2010@富士スピードウェイでのコラボ曲

『フミリス』の体験分析結果

全 247 曲中 158 曲体験しています。
体験率は 64 %です。
体験していない曲は下表のとおりです。
(セットリスト不完全のため絶対とは言い切れません)




今回、新たに聴くことが叶えられたのは
「Destiny」の1曲のみ。
とはいえ、大満足でした。
未だかつてなかったドラマチックな秀逸な美メロと
鉄壁の演奏に乗せて、気持ちよさげに
危なげなく歌いあげておられたので。

1位から7位までを占めた上位7曲が
今回演奏されていることも
なんだか感慨深かったです。
「悲しみの果て」に至っては
初ライヴ(2008年10月のJCB HALL 2days)では
聴くことが叶えられなかったにもかかわらず
今や「今宵の月のように」を遥かに上回り
1位の座に躍り出てしまったということも。

「Destiny」と「悲しみの果て」
歌詞がちょっぴりリンクしていますよね。


「希望」や「光」をテーマに頑張ってゆこうという楽曲群と
「男」くささを前面に出した戦闘モードの楽曲群とが
今回のJAPAN JAM 2014における柱だったのかしら。
そんな風に思いました。



5/2のトリのステージが「俺の道」から始まった時点で
私の脳裏には、記念すべき初フェス参戦となった
JAPAN JAM 2010(これまた記念すべき第一回目)でのことが
まざまざと蘇りました。
そうです!
あの時は、静岡県小山町の富士スピードウェイでの開催だったのですが
その1曲目がまさに「俺の道」だったので。

宮本さんの真意はさておき、私が思うに
演奏曲を選出する際の基準や視点が確かにあると思うのですよ。

一番大切にしているのは
自分がやりたいかどうか?という
その時々の思いだと思うのですが
それ以外に挙げるとするならば
・土地や会場に由来した選曲の意図
・季節に由来した選曲の意図
も確かに感じられるので。

そこでJAPAN JAM 2010での演奏曲にはをつけて
見比べてみたところ
全13曲中、見事6曲が一致しました!

ライヴの定番曲どころかフェスでも定番中の定番となっている
「ガスト」と「ファイティングマン」が演奏されなかったのは
意外と言えば意外でしたが。
2010年のステージでは、CHARAさんや
金原さん、笠原さんを招き入れてのコラボレーションが
繰り広げられていたわけで。
(共演曲にはをつけてみました)
それがフェスの目玉だったことを思うと
選曲の基準が変わって来るのは当然のことで。

(余談ですが、2010年は、計14曲演奏されており
「Swallotail Butterfly~あいのうた~」はこの分析からは除外されています。)


余談ついでに、あともう少し。

JAPAN JAM 2011、こと幕張に開場を移しての
CHABOさん、泉谷御大との共演のステージは
涙を飲んであきらめた私デス。
辛くて、悲しくて仕方なかったあの時流した涙が3年の歳月を経て
喜びの涙にとって代わられるだなんて思いもしませんでした。


いささかの悲しみの後にはまた喜び。

とどのつまりは上り下りのエブリディ。

宮本さんがおっしゃっていたまんまじゃないか!?と
しみじみ感じ入るばかりなのでした。




この記事を書きながら
「ホワイト・ラボ」の時間を待ちつつ
「Destiny」をヘビロテしていたら
離れられなくなってしまいました。
名曲すぎます。





関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。