スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

走り出したココロは止まらない





取り敢えず、JAPAN JAMで聴いた曲から。
チマチマと。

暫くは抜け出せないことだけは間違いなさそうです。

ところで、ジャケ写がスピッツライクなのは気のせい?!

動物が登場するところじゃなく
モデルさんを使っているところ。

失われた30代に対する憧れもあるんだろうなぁ。
3人の育児に明け暮れた己自身の30代は勿論のこと
スピッツ(草野さん)もエレカシ(宮本さん)も
30代半ばまでのもっともカッコよかった時期に
オンタイムでは追いかけることができなかったから。
スピッツからは離れてしまっていたし
エレカシに至ってはその存在なぞまったく知らなかったので。

お二人に共通しているのは
1999年~2000年にかけて、攻めまくりの楽曲や
アルバムを出しておられること。
「隼」と「good morning」のリリース前後が
もっとも精悍で、突き抜けていて
カッコよかったと思うのです。
言うなれば、戦闘モード全開故のカッコよさ。
そういう意味ではアレキサンドロスは
私にとって今がまさに旬なのです。
川上くんは6/22に32歳になったばかり(ガッツポーズ)。
半ばこじつけがましく、強引ながらも、そう結論した!

新しい季節を迎えつつあるこのタイミングだからこそ
新しいバンドとの出逢いを無条件に受け入れられたのは
ほぼ間違いありません。
エレカシという偉大なる存在からパワーをもらっていることに
今なお変わりないけれど。
さらなる後押しや勢いも欲しているということで。

スピッツからエレカシファンに転じた時とは
明らかに違うけれど
その当時(2008年7月)スピ友さんに言われたコトバが
不意に蘇る雨の朝。

「新しいアーティストやバンドを好きになるのは
自分(や自分を取り巻く周囲)が変わろうとしている時
ないしは、変わりたいと思っている、変わらなければならない時」

まさにそういう節目に私自身が立って(立たされて)いるということ。
プライベートなこと故、この場にはその詳細は敢えて書きませんが
(さすがに「書けません」のが正しいか)。

駆けだしたココロを止めることなど、もはやできないから。
ならば、ココロの赴くままに突っ走ってみやうじゃないか!




飛び出した結果・・・

フリペ欲しさにTSUTAYAへ。
このコラムのためだけに月一で
通うことになりそうな予感が。



あるだけ借りるに決まってます!
追加ダウンロードはちと早まったか?!




5枚で1000円!にすべく、今更ながらの
レディオヘッド2枚。



宮本さんがかつてOKコンピュータは
話題にされていたかと。

しかも、私の誕生日かつ結婚した日に
リリースとは、びっくりしたぜ~っ!!!


関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: [A]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。