スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

FM長崎[Alexandros]S.P.

いきなり「Untitled」から。
これはズルイ・・・。

そして、「長崎のみなさんこんばんは!
アレキサンドロスの川上洋平と申します。」
には息も絶え絶え。

たかが挨拶、されど挨拶っですってば。

散々スピッツの草野さんっぽいしゃべり口調とトーンだと
書いてきましたが、それを遥かに超えた瞬間でした。





「他のバンドさんがやることをそのままやるのはつまらないので
ホリエさんに教えていただいたんですけど。」

茶わん蒸しが美味しかった話。

「長崎に来たら何が食べたいかと聴かれたから
この茶わん蒸しと答えます。」

「このスタジオに来る前にも食べて来ました。
大変美味しゅうございました。」

「ジョギングをしているんですけど。
昨日も長崎で川沿いを走って。すごい綺麗だなと思いました。
たぶんデートスポットだと思うんですけど。
カップルが手をつないで歩いている中
僕一人、汗だくになってジョギングしていたんですけど。
素敵な町ですね。」

「8/24スカイジャンボリー(長崎で行われる・今回2回目の出演)の予習になるように
丸裸になるようにして欲しいと思います。
楽しみにしていてください。」

からの「Starrrrrrr」にテンションはあがりっぱなし。


「新しバンド名になってちょうど4ヵ月になりますが
長崎のみなさんにはなじんでいただけたでしょうか。」

「前のバンド名[Champagne]はシャンパンから来てるんですけど。
シャンパーニュ協会から名前を使わないで欲しいと言う依頼が来まして。
それで変えようかということになって。
実はバンド名、色々な候補がありました。
[C]とか、チンパンジーとか、レザージャケットとか。
武道館公演の2週間前、アメリカのライヴがありまして。
ライヴの翌日、帰国する日、出発間際に思いつきまして。
その前に決まっていた名前があったんですけど
直前で、僕のわがままでアレキサンドロスに変更しました。
メンバーもいいんじゃないのって。
そして、武道館の日に発表したという。
意味なんですけど、アレキサンダー大王。
マケドニア朝の大王、ヨーロッパとアジアをつなげた人。
ナポレオンも憬れた人。みんなが憬れる男の中の男。
それとは関係なく、響きと見た眼で選んだんですけど
結果的にアレキサンダー大王みたいに
世界に広がっていけばいいなと思って。
僕は観た眼で選んでしまう。
楽器もそう。メインの楽器も見た眼から入って
試奏して、そして選ぶみたいな。

ファンの方も最初戸惑った方もいるかと思いますが。
略称はアレキとかドロスとかいろいろで固まっていないんですが
東日本ではアレキ、西日本ではドロスと言われているみたいで。
ファンの皆様が決めることだと思いますので
皆さんで決めていただければ。
名古屋は間をとってキサンド(トータルファットのメンバーが命名)
シャンペインより好きかもしれません。
僕は気に入ってます。

武道館で改名したバンドもいないと思います。

新しいバンドを発表する緊張感の方が大きかったですよ。
もし、かんだらと思うと。あれは一番緊張しました。
ライヴは楽しかったですし、緊張しませんでした。
その瞬間は、一番武者震いしました。
後ろのロゴもリハ無しだったので
ちゃんと出るかも。

すごい面白いいい経験をさせていただいたかなと思います。
戸惑ったり、泣いていた方もいたと思いますが
そこでちょっとプラスにしたいというか
マイナスの方向にはしたくなかったというか。

本編はシャンペインですで終わって。
アンコールは同じBGMでアレキサンドロスですって登場して。
本編で泣いていたお客さんも大爆笑してくれて。

日本武道館は通過点と言ってきましたが
ステージ立った瞬間、違う空気が流れているのがわかりました。
生半可な気持ちではダメだと。
今度やるときはもっとホームな感じにしたいなと思いました。」

日本武道館DVDの紹介。

「DVD恒例のメンバーによる副音声
メンバーによるコメンタリーも楽しみにしてください。
白井くんは酔っ払いながら途中トイレに行ってしまって、収録いいのかな?みたいな。
すごく音と映像がいいので、楽しんでいただければ。」

「武道館でも演奏されました
「言え」(門切り口調で)」

(この言い方がドライかつ唐突すぎて、ツボにハマりました。)


「Rise」BGM⇒「Oblibion」BGM

「AdventureとDrosyky!両A面シングル。
アドベンチャー、一番好きな曲です。
去年の夏メロディが出てきて、家に帰ってポロンポロンとギター弾いて
出来ちゃった曲です。
ちょうど改名のこととかもあって。
自分と同じにおいがするというか。
分身を観ているような気がする。
平常心に近い、普段の自分に近い。
いつ聴いても落ち着かせてくれる。
今年のはじめにスタジオに音源をもっていって
メンバーとセッションをして作りました。
最初のセッションの時のままの勢いでできたので
伝わりやすかったんでしょうね。
メンバーが奏でるアレンジも、僕が指示したわけではなくて
最初からメロディに近いとこだったので。
好きとかいうレベルを超えてますね。
我々自身という感じかもしれませんね。
自分たちが地に足つけてる感じ、名刺代わりの曲を出せてうれしいですね。
サビ「アリトアラユル問題も」の「問題」は最初からあったんですよね。
「問題」や「難題も」ってサビっぽくないと思いながら
単語とか文章自体に意味を込めて作らないので
響きが好ければそれでいいのかなと。
バンド人生そのものを歌詞にした、そんな気がします。
今までの足取りとこれからのアレキサンドロスが描かれている
過去と現在と未来が描かれている。
歌詞全部好きですけど
一番好きなのは「君を連れて行くんだ」ですかね。
優しいコトバも書けるけど、僕、突き放す方が好きなんですよね。
その人が本当の意味で行動に移せるかっていうと
背中を押す、ケルくらいの勢いで。
悩みなんて解決するのは結局本人なんで。
そういう促しを、歌詞を心がけている。
次のステップを踏むための踏み台として使ってくれ。
そういうつきあいをリスナーの皆さんとしていきたいなと思っていて。
自分自身がリスナーとしてそうやって育ってきたので。

アドベンチャーのMV、雨が印象的な映像となっていて。
撮影は横浜の大黒ふ頭で行っていまして。
爽やかな風が吹いていて、どうやって雨の感じにしていくのかなと
思っていたら、さすがですね、監督さん。
ライヴでも最初から「ッオーオオッ」を歌ってくれて。
この曲に関しては(自分の意に反せず)みんなも気に入ってくれて
浸透していて嬉しいですね。」

「Adventure」


「シングル2曲目も解説していきましょう。
アドベンチャーより前に作り始めたんですけど。
アコギでリフを弾いて遊んでいた時にでてきて
セッションからできた曲。
ロシア語で、屋根がない馬車。
なんとなく暴れ馬みたいな。
改名して、暗い気持ちにならない気持ちにならないようにしたいなというのが
あったのかなぁと。
改名を逆手にとって、いい方向に持って行けたというか。
武道館では改名をした後、一発目にやった曲なんで。」

(他2曲収録曲の紹介)

「シングルの2曲目を聴いてください。Droshky!」

(先のアドベンチャーはジャパニーズイングリッシュ的な発音だったのに
こちらはバリバリの本場の発音で。これまた参りました)

「Waitress,Waitress!」BGM

「ボーカルギターの川上洋平がお送りしております。
スカイジャンボリー、シャンペインとしては昨年出ましたが
アレキサンドロスとしては初めて。
スカジャンいいよって色々な先輩から言われていて。
ようやく去年出演できることになりまして。やったぁー!と思って。
ホリエさんとキャンペーンで訪れた時、ここだと会場を教わったら
すごくきれいな場所で、太陽の下で歌ったら気持ちいいだろうなと思っていて
その絵を思い描いていたら、当日大雨になって。
しかもアレキサンドロス(当時はシャンペイン)のステージ直前に大雨になってしまって。
スタッフの皆さんからは雨バンドと思われてしまったようで。
でも、お客さんは大盛り上がりで。その光景がものすごくきれいで。
自分も嬉しくなってしまって訳がわからなくなって
上半身裸になってしまって。
自分の中では最高のステージだった。」

(この上半身むき身発言には少なからず吃驚!
勝手ながら、絶対にこの人は脱がないタイプだと決めつけていた故に)

「Kick&Spin」

(またまたほんまもんの発音、ごちそうさまでしたぁ)


「さて、7時からお送りしてきましたスペシャルプログラム
そろそろお別れの時間が迫ってきました。
またバンド名が変わってからも、こうして名前を広めていただけることになりました。
ホントご迷惑おかけしました。」

「スカイジャンボリー2回目出演ですけど、アレキサンドロスになってから
晴れ男バンドになっているのかなと。
武道館も晴天だったし、その後、いくつかライヴやっていますが
だいたい晴れていたので。
24日は天気。太陽が燦々と輝くことになると思います。
さっき話したら、ROYくんが雨男らしくて。
雨が降ったらROYくんのせいなんで。
アレキサンドロスになっても中身は変わっていませんので
楽しみにしていてください。
最高のライブをお届けしますので。
最後に「Run Away」という曲を聴いてお別れです。
アレキサンドロスのボーカルギターの川上洋平でした。
バイバイッ。」

(バイバイッの軽く言い放つ感じもツボでした)

「Run Away」


折りに触れて聴き返したいと思う、永久保存版のラジオ音源に決定!
名曲の宝庫の上、川上くんによる一人語りが
なんとも心地よ過ぎてタマリマセン。

今宵は1時間後にラジオ番組がもう一丁。
あゝ、幸せだなぁ。





関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: [A]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。