スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

その瞬間

正視することができませんでした。

待望のZIP!に[Alexandros]@ひたちなかが
登場した瞬間のこと。


ダイちゃんと私だけなら問題なかったの。
そこにタイミング悪く、ダンナくんがやってきたんだもの。

ダイちゃん、余計なこと、いいやがってっっっ。

「エレカシ飽きて、好きになったんだって」
そんな、解説、いらんっ!!!

「そんなことないから」とやや早口でいうのが関の山。


キッチンのカウンター越しにてテレビに映るアレキさん達に目をやると
ダンナくんまで視界に入ってしまうものだから
リアルタイム視聴はほぼ断念することに。

ノーコメントが一番怖いんだよ~。

でも、ボソッと言ってたやうな?!
「最近観てたのはこれかっ?」と。

なぁーんだ。バレバレだったのか。

それからさらに一言。
ダ:「場所はどこだ?」

さ:「ひたちなか海浜公園」

ダ:「茨城県だな」

幸い今日は生活習慣病健診の2次検査のため
ダンナくんのが先に出かけてゆき、。
彼を送り出した後、そそくさと追っかけ再生で
ZIP!録画映像をチェックしたことは
言うまでもありません。


昨日のRIJF15周年おめでとうコメント同様
どこまでも我が道をゆくなぁ。
勿論、いい意味で。

有言実行してゆけたら、それに越したことないし。
現にその積み重ねで着実にステップアップを果たしているところが
バンドとしてのカッコ良さに繋がっているんだろうなぁ。
そう私は思います。

ビッグマウスと言われたって
(実際の話、パーツ自体が大きいことは確かなのだから)
これからも、臆することなく、屈することなく、思うがままに
突き進んで欲しいと思います。


そんな今は、採血の結果待ち@病院。



関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: [A]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/04 (Mon) 13:24 | # | | 編集
☆非公開(t) さまへ

手に汗握る?!マンデーモーニング。
エレカシファンになった当初のドキドキ感をも
思い出させてくれました。
ちなみにチイちゃんはその時寝床でした。
こういうハラハラも込みで、小さな幸せだと思いました!

昨日バクホン@ひたちなかのうち、コバルトブルーだけ
視聴しました。
山田君も声量スゴイですね。
汗だくなところまで、誰かさんにそっくり。
なのですが、やはりトキメキは感じないのです。
セクシィさも。
男くささ、野性味、粗野なところが魅力なんだろうなぁ。
恐らくは声が刺さるかどうかと、美メロであることが
私にとっては必須なのでしょう。
寧ろ菅波氏にそこはかとなくギャップ萌えを感じました。
山田君は歌っていない時のがセクシィな印象です。私の中では。

昨年も浴衣で登場したそうですよ!
あの帯の位置には激しく同意。
ですが、そんなところも込みで愛すべき存在だなぁとも思いました。
ステージでは、カッコ付けてると自ら仰っていて。
自覚的(確信犯)にもかかわらず、こういう隙というか
無防備さ加減もさりげに萌えポイントかと。
先生の浴衣姿in2008ショット、久々に見返したくなりました!

今日も朝から色々あり過ぎてキャバオーバー気味です。

明日のウェルアレは友達任せなので、運が良ければいずれ観られるでしょう。

オールナイトフェス、確か出演すると思います。
エレカシ出演のRIJFとSLS以外は、初めて存在を知るものばかり。
この夏も勢力的に攻めまくりのやうです。

今は世田谷と副音声か何かで聞いた覚えが。

開けっぴろげな場なので敢えてザックリなレスに
してみました(ペコリ)

2014/08/04 (Mon) 19:11 | Satsuki #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/05 (Tue) 14:19 | # | | 編集
☆非公開(t) さまへ

~浴衣姿の先生に思いを馳せる~
読んでくださりありがとうございました。
谷根千界隈は、私も2009年GWの一度きりの探訪ですが
人出の少ない時期に根津神社はじめ
ゆっくり散策したいなぁと思っています。

MEN'S NONNO切り抜き見返してみたら・・・
あの浴衣三人衆、散歩したんですよ。あの界隈を。
先生がお召になっていたのは「竺仙」の小千谷縮。
その時の発言は「いいですねえ、ノッてきますねえ」と
所作にも気を配るようになり「小股で歩く者なんですか?
俺も一着、作っちゃおうかな」とご機嫌モードだったとのこと。
スタイリスト伊賀さんは当時、10着は自前の浴衣を
お持ちになっているとおっしゃっていたので
それも少なからず刺激になっての発言でしょうか?!
伊賀さん=スタイリストであらせられるとはいえ
着付けた方は別のスタイリストなのでしょうか?
三人が身に着けた小物=スタイリスト私物の表記も込みで
気になるキニナル(って今更?!)
それもこれも、昨夜の帯結ぶには〇〇発言に端を発してのことですぞ。

私は首に巻いた手拭いの色合いやデザインよりも
射し色ともいうべき、帯の色目にもクラクラキタのでした。
深紅じゃないところがポイントですよねぇ。

栄純氏、あの髭の印象で引き気味だったのです(懺悔)
それはサトヤス氏にもまんま当てはまることで。
ところが後からジワジワその魅力が迫りクルところも
似通っているのかもしれません。
前者の演奏中のオーラと男前度はなかなかのものだと思いました!


「人生躓きも無く送って来た人には分からない」
これは名言です。
言い得ているのではないかと。

聴き始めが六年前とは、私がエレカシを聴き始めた頃と
同時期じゃないですか!?
そんな奇遇にも吃驚するやら、嬉しいやら。

一抹の寂しさ・・・もわかります。
何を隠そうこの私、よりにもよって
晴れの大舞台1.11の日にそんなことを隣同士で観たトモに
思わず吐露してしまいました。
(コンサート開場前に会場前で)
ここ1ヵ月、坂を転がるやうに新しい出逢いに邁進してしまったのには
そんな背景も少なからず絡み合ってのことでもあったと思います。
ファン心理ってやつは、非常に複雑で
時に面倒くさいもんだなぁと時折感じざるを得ません。

2014/08/05 (Tue) 22:44 | Satsuki #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/06 (Wed) 11:59 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。