スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

2014.8.13[Alexandros]めざましライブ@お台場新大陸【リハ聴きから開演直前まで】

はじめてのめざましライブ。

不安がなかったと言ったらウソになります。

それ故、開演を迎えるまえでのサプライズも込みで
書き残しておこうと思います。
早くも来年もまた帰って来たい場所だと思ってしまった私デス。
それほどまでに、素敵な時空間だったのです。

早くも思いがけずリハで御一行をこの目に、この耳にしてしまったが故
ぱーっと舞い上がってしまい、ザックリですが。




15:00前に、いよいよお台場新大陸へと上陸すると
バンドリハの音が聞こえてくる?!

もしや?!と思い、歩みを早めると・・・
ステージ脇にはGOODSに並ぶ長蛇の列。
そしてステージには、[Alexandros]の4方が!!!!???

私が到着する直前までは(おそらくは)
洋楽のカバーで音出しをしていたやうな雰囲気。

GOODSの列の一列外側から覗こうとするも
スタッフに「観る人は向こうへお願いします」と追いやられ
結局は、立ち見エリアのベース(ヒロさん)側から望むことに。

間髪入れずに始まったのは、「Waitress, waitress!」フル!
サトヤスくんの痛快なドラムと、洋平氏のハイトーンが
突き刺さることこの上ない。
じっとしてなどいられなかったのは、私のみならず。
ちらほら腕振り上げたり、踊ったりする方が。
演奏終わると、勿論!割れんばかりの拍手が!!!

その後、Starrrrrrr⇒Adventureと続き
(どちらも、ヴォーカルはワンコーラスという塩梅。
確か洋平氏が「そんなに(声?高音??)出ないから」みたいに
おっしゃっていたと思う)

「メタルんとこだけやっとく?」ようぺ発言に
キ、キターーー!と内心ガッツポーズ。
思ったとおり「Kick&Spin」の間奏部からのサウンドチェック!
ヴォーカル無しver.だと、バンドアンサンブルが
いかにすさまじいことしているかが顕になり
それはそれで吃驚するやら、感心するやら。

洋平氏、突き抜ける高音がスパーーーンッと出ていて
早くもその歌声に酔ってしまった私デス。

演奏が終わると「本番もよろしくお願いします!」と洋平氏。
場内からは大きな拍手!!

どの曲だったか?
ハンドマイクで歌っていた気がするから
「Kick&Spin」だっただろうか?
サングラスにハンドマイク。
それだけでもヤバイのに、視線を下に移していくと
なんと黒のハーフパンツ?!
本人リハを目の当たりにしているだけでも至福なのに
ほっそーいおみ足(生脚)まで拝め、眼福の極みだよと思う。

私の前に位置していた手を振る女性陣に
手を振りかえして掃けていったのはヒロさん。
(さすがだわ。やっぱりねと納得。)
それに続いたサトヤスくんは、軽く会釈をしてくれていた。
(意外にも紳士的な態度にヤラレテしまった)

サトヤスくんの服装、おぼろげで今となっては思い出せないけれど
いいな、好みだなぁと思った。
おそらくは白基調(ハットも白だった気が)。
髪の毛を結っていなかった、そのソバージュ加減も込みで
いい感じだった記憶が。

ヒロさんは、紫色(ないしは臙脂色?)のTシャツだった。

白井のまーくんについては一切記憶がなし(なんてこったい)。


集合時刻の15:15(リハ聴きしていた故に、回ってしまっていたかも)。
ウエストゲート向かって左手には整理番号1~1000番まで
向かって右手には1001番以降が道なりに並び、その時を待つ。
そこからの待ち時間は正直かなり長かった。
最初はフェンスに貼られた番号表示を目安に
ざっくり並んでただひたすら待つ。
それからずいぶんたって、スタッフの方が呼び出しはじめ
その場でチケットチェックしながら、正式な番号に並び替え
半券を切り取ってもらうという塩梅。

ミストマンが往復しながら一服の涼を振りまいていってくれた。
あの方のカラーは何色だっただろう?
とても笑顔が爽やかな方だったなぁ。

並び替える前も、並び替えた後も
小雨がパラパラとちらつき
とりあえずキャップをかぶってみたけれど
いつの間にか雨は止んでいた。


私が入場完了したのは16:10。
入場前に座席は埋まったので、立ち見エリアへというアナウンスがあった。
ステージ向かって左サイドの立ち見エリアに行きそうになったのは
私のすぐ後の方の動きに流されてのこと。
(身に着けているGOODS等からお見受けするに
ファン歴はかなりある方だったかと)
否!と気を取り直し、やっぱり向かって右の(まーくん)エリアだ!と
私を突き動かしたのは一体なんだったのだろう??
エレカシライヴでの傾向と対策から??
それとも出逢いのステージでのポジション取りがそうさせたのだろうか??
(それもアレキに続くエレカシのためのポジション取りだった訳だけど)
結果、オーライだったと思う。
ベース側のが人の集まり具合が高いように見受けられたし。

立ち見の最前バー角から3人目を取ることもできたけれど
それよりは角の2列目(縦のバー)ゲットに甘んじたのも
数少ない野外フェス(計4回)やライヴハウスでのスタンディング経験(計7回)から
瞬時に頭がフル回転して導き出した精いっぱいの判断から。
その直後、一人ずつばらけてならば
椅子席が数席あるという呼び込みがあり
一瞬ココロが揺れるも、それに飛びついた方の動向を追うと
前方とはいえ、完全にステージが見切れる場所。
やはりこの場所で正解だったと改めて思う。
椅子席は12列目まで。
その後ろに通路を挟み、私は立ち見の前から2列目ギター斜め前界隈。
通路がここまで効力を発揮するとは思わなかったわ!
更には洋平氏が長身であるが故
運がよければ全身像がバッチリ拝める好位置であることを
開演してから知ることとなる。


入場した直後くらいから、開演までの時間
[Alexandros]のMVがモニタで上映されていたのは
とてもいい演出だったと思う。
(順不同)
「Adventure」「Droshky!」「Starrrrrrr」「Run Away」(最後が自信ありません)の
4曲が放映されていた・・・かな?!


そうこうしているうちに、スタッフ2人によるチューニングを挟み
定刻16:30。
拍手喝采、歓声があがるも、登場したのは
ステージ背後の巨大モニタに紙兎ロぺのアニメ(ガクッ)。
映画館で上映に先だって放映されるアレです。まさにあんな感じ。
☆録音・撮影はお断り
☆携帯の電源はOFFに
☆水分を忘れずに
☆笑顔で(カメラが何台も入っています)
そのくらいだったかな?

ロぺ達にまんまと乗せられて
コール アンド レスポンスが展開されているうちに
「5」「4」「3」「2」・・・のカウントダウンと共に流れたのは勿論・・・!


以下、別記事へとつづく(予定)。




関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: [A]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/16 (Sat) 00:35 | # | | 編集
☆非公開(t) さまへ

確かにまーくん、オシャレさんかもです。
でもあの中にあっては注視し続けるのは
至難の技です。
でも、ギタープレイでぐわ〜と持って行くあたり
流石だなぁと思いました!
そういう意味でもアンコールラストは、聴けて嬉しかったです。
音のキラキラ感と仁王様のようにふんぞりかえるシルエットと。
いやぁー凄いモノを観てしまった!聴いてしまった!!

腱鞘炎、使わないのが何よりの治療なんですけど。
そうも言ってられないのが、ツライところ。

めざましライブの日、需要もないだろうと思いつつ
tさんのことは思い描いておりました。
一緒に楽しんでくださり、ありがとうございました!

ゆりかもめ、乗って正解だったと後から思い知っています。
9月に、また乗ることになりますので!

2014/08/16 (Sat) 08:23 | Satsuki #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。