スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

SLS2014 2日目に行ってきました

17日前の二の舞というか、再来。
つまり、ものすごーく満ち足りてしまって
身体はこうして帰路についたけれど
ココロだけは山中湖に置き去り的な。


大本命の[Alexandros]は勿論のこと
他も個性豊かなバンドぞろいで。

私は朝一のステージからMt.Fuji StageとLake Stageを行ったり来たりという楽しみ方で。
赤色のグリッター⇒SiM⇒coldrainをBGMにフェス飯⇒the telephones⇒怒髪天
⇒Dragon Ash⇒[Alexandros]までで打ち切り、帰路につきました。
それぞれにすご過ぎて、新しい発見や感動があったものですから
またもや放心状態に近いという具合です。

書き残したい気持ちはありますが
今宵は無理です。
ツイートにその断片はリアルタイムで残してあるので
それで充分だという感もなきにしもあらず。
(細かい内容は、そちらを直にご覧ください。)


Dragon Ash(モッシュゾーンの2列目すみっちょ⇒押し出され最前)からの
[Alexandros]も同じくモッシュゾーンの最前での観戦!
押されることはまったく想定の範囲内だし
エレカシ@JCB HALLや悪魔ツアー@TOKYO DOME CITY HALLでの
もみくちゃさ加減に比べたら、バーに身を委ねられたので
楽だったし、ぎゅうぎゅうに押されてもどこか余裕がありました。
とはいえ、[Alexandros]の終盤も終盤で
クラウドサーフィンしていた数名が自分の頭上を通過し、目の前に着地した時には
さすがにちょっぴり身構えましたけど。
怪我だけは・・・と思いますって。
女性もかなり、サーフしていたのが驚きでした。


そうこうしているうちに、エレカシさん達も連日のFES出演が無事終わり
何よりです。


色々な意味で9月からはチャンネルやシフトを切り替えようと思っていたところに
あまりにも刺激が強すぎて、これはヤバイです。

2010年の私はフェスの功罪の罪にばかり気持ちがいってしまっていたけれど。
今は、むしろ功の方にベクトルの向きがガラリと変わってしまったと言っても過言では
ありません。


色々嬉しいことはあったけれど
中でも川谷絵音くんindigo la Endのステージを諦め
またの機会に必ずや!と思っていたら
[Alexandros]のゲストとして登場し
Blur「Song 2」での共演再びとなったこと・・・これはキセキとしか言いようがありません!
まさか今日のうちに、ステージ上でのカレ・・・どころか
あまりにもかっこよすぎるツーショットを
間近(というかほぼ眼前)で見られるなんて思ってもみなかったので。

それからKjが洋平氏のMCの最中に、ステージ袖からぬっと現れたことも。
その後しばらくは、袖でビールの紙コップ片手に
[Alexandros]のステージラストチューンを見ていたことも。
其の待機場所も私の正面(鉄骨のすぐ後ろ側)だったという。

今回、ベースサイドの位置取りに初挑戦しようと思っていたけど
やはり気づいたらギター側に繰り出していたのですよ。
とはいえ、結果オーライだったなぁ。
思いがけず目にした光景が少なからずあったので。
絵音くんのポジションはギターサイド故に
やはり自分のほぼ前界隈で歌っていたという。


ということで、まったくまとまりませんが、今宵はこれにて。


どうやってこの膨大な情報と沸き起こるありとあらゆる感情を処理してゆけば
よいのやら?!
完全にキャパオーバーです。


関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。