スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

アレキ初夢から白シャツが誰よりもお似合いの先生を想う

とても嬉しかったのは勿論のこと、ほっこりしたから。
やっぱりこの場にも書き残す後悔を選ぶ愚かモノの私デス。


昨日、二度寝をし、うつらうつらしながら見たのは
[Alexandros]のライヴの夢。

会場はどこだか皆目見当もつかない。

けれど、自然が豊かな野外が会場
(というと字面が好すぎ。実際は、草ボーボー)。

柵(バー)などは一切なく、白いロープが地面に張り巡らしてあるだけという
ざっくりさ加減が夢だよなぁとおぼろげながら思っていた気がする。

ステージと思しきスペースも
今思い返すとなかった気がする。
でも、夢の中で、張り巡らせた白いロープ内で立ち位置を決めた
その時分にはなにもひっかからなかったのが
我ながらおかしい。

一体、いつになったら始まるのだろう?と思ったその時
女性の二人組が、向こうだよ、ねっ?!と確認し合って
徐にこの場を立ち去る姿が目に飛び込んでキテ。
その瞬間、ああ、やっぱり!と思い、ダッシュしまくった私デス。
ああ、やっぱり!というのは、おぼろげながら感じていた
ライヴ(ないしはフェス)会場とはあまりにかけ離れた空間に
立っていた違和感故は勿論のこと
かつて、エレ夢でも同様の展開があったので。
(日比谷野音にいたハズが、結局は渋公と思しきホールへの民族大移動という
奇想天外な展開でした)

今回は、それほどの移動距離ではなかったものの
到着した先は、あれってどうなの?!という作りだったものだから
エレ夢とは違う意味&次元で吃驚したなぁ、もう。
コトバでの説明が難しいのだけど。
あれは大学の講義室をぎゅっとコンパクトにし
ツメツメにした感じ?
形状としては、日比谷野音みたいな扇形なんだけど
机があって、長椅子もあって。
ステージとは言い難い狭いスペースに
既にアレキさん達3人がスタンバっているという状況。
ながらも、不可思議だったのは、ギターのマー君と
ベースのひろさんの立ち位置が真逆だったこと。
さらに不可思議だったのは、前方に誰も来ないこと。
それ故、ベストポジションを探るのに余念のない私は
座っては立ち、微調整を図ること3度目の正直で
洋平氏正面はやめ、向かって若干右サイドに落ち着いた訳です。

そんな挙動の一部始終を見られていた気恥しさから
思わず顔を両手で覆い、うなだれてはみたものの
これはこれで違う恥ずかしさ。
やはり正々堂々と!こんな時こそドーン!と行けだ!!
意を決して頭を上げたその瞬間
バチッと視線が合い、何か声をかけられたのだけど
聞き取れず。
適当に応じる訳にもいかず。
そこで、周囲の雑音にさえぎられよく聴こえなかったのですがと詫び
耳を傾け、もう一度言っていただくというシチュエーションには
さほどドキドキもせず。
それでいて、その話から、とぎれとぎれながらも
一問一答的に展開した対話の中で
「~まで」とおっしゃった瞬間の身振りが
モロ「~まで」という手話そのものだったことに吃驚する以上に
嬉しくなってしまい
今のは手話表現ですか?手話ご存知なのですか??的に
畳み掛けてしまうも、確か偶然の賜だったというところで
夢から醒めたんだったかな?

私の中のクライマックスは、話の内容以上に
「~まで」だったやうで。
それ故、何が~までだったのか
肝心な内容はまったく記憶に残っておりません。
あちゃーという感じ。

でも、今このタイミングっていうのが
絶妙な夢見だったから、それも含めて
幸せな初夢だったということにしておきます。




エレ夢とはとんとご無沙汰だなぁ。

エレカシの楽曲まったく聴いてないくせに
白シャツ姿の先生はものすごく恋しいので
夢で逢えたならどんなにいいだろ?

つい8日前、SLS2014で白シャツに黒スーツ姿にネクタイ締めた洋平氏を
間近に目にし、勿論、眼福だなぁと思ったけれど。
やっぱり、宮本さんほど白シャツが似合う人はいないと
ダメ押しされた訳ですよ。
その着こなしも込みで。
無造作なようでいて、自分にあった着方(かつ着崩し方)を
しておられるんですよね、先生は。
ボタンの留め具合、襟の立ち具合、黒ジャケ羽織った時の襟界隈に漂う色気
袖ボタン外したり、袖をまくりあげたりの何から何に至るまで。
それがたとえ、ビリビリに破れまくって
もはや原形をとどめていないとしても。


まだまだ書き足りないけれど
うまい言葉がみつからないから、ここまでにしておきます。

こういう時、自分の気持ちを文章以外の手段で
表したり、残せる才能の持ち主って心底羨ましいなぁと思います。
私にはないもの。それに取って代わる手段が。

関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: [A]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/10 (Wed) 23:10 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。