スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

それぞれのバンドに、それぞれの戦略

トモが紹介してくれた山崎さんブログを読んだら
どうして、ここ最近、最近のバンドに魅了され、惹かれてしまったのか
その一端が解き明かされた気がします。


エレカシは、いわゆる「旧」の意味での「戦略」。
には、なるほどなぁ。
因みにこれは、トモの見解。

indigoやゲスの極み乙女。が「新」の意味における「戦略」に
分類されているのには、ただ頷くばかり。
こちらは、山崎さんによる見解。

でもね、アレキは新でも旧でもなく
その狭間な感じがしたのだけど。
如何でせうか?
狭間というより、両立しているというべきかしら。
それとも、両者の美味しいとこ取り?!(なんてな)

大きな目標(自分たちへの指さし確認も込みでの「世界一」)を
ドドーンと掲げ、幾度となく公言していて。
それは夢のやうな次元のことのようでありつつ
ひとつ、また、ひとつ乗り越えたり、実現させていて
その実現に向けて、着実にステップアップを図っていると思うから。

海外公演(アメリカ、イギリス、香港・・・他もあるかしら?)然り。
会場のキャパが大きくなってきたタイミングで
ライヴでより届くように(届ける)ということを意識した結果
鍵盤を導入したことで、表現に奥行き・深みが増したり。

自分たちにとっての武器は何か?
自分たちの魅力を最大限に発揮するには?等について
ものすごく自覚的だし、戦略的な側面もチラホラ見せつつ
夢であると同時にたどり着きたい目標(場所)に向かってひた走っているから。


目下、仕事の合間にざざーっと目を通し
表面を撫でた程度の理解故に咀嚼が足りません。

とりあえずの山場である木曜・金曜の2連日を乗り切ったら
再度読み返してみやうと思います。

「JAPAN」の激刊山崎もしかと読み直します。


トモよ、タイムリーな記事を紹介してくださってありがとう!




関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。