スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

大阪公演 公演延期 チケット払戻しのお知らせにモノ想う夜

10月13日(祝・月)Zepp Namba 大阪公演 公演延期 チケット払戻しのお知らせ

昨日の今日とは思えぬ早急な対応には少なからず吃驚しています。

とはいえ、よくよく考えてみれば、今日は
延期公演の16日前ですものね。




行き場のない思い
ぶつけようのない思い
色々な思いが交錯しているのだろうなぁと
大阪公演とは無関係のわたしにも
想像にたやすいのは
2012年のマスピツアーの際に
払い戻しの措置を取った経験があるからこそ。

唯一の参加予定だった東京公演2日目が
トミの入院⇒手術のため延期され
今回のやうに振替公演が平日(その上木曜日)とあっては
断念するより他ありませんでした。

今の職場に勤め出して1ヵ月も経たない頃。
その当時は、子どもがらみの役員を兼任していたため
有給休暇はそちらに充てざるを得ず。
ライヴにかけつけるために数時間の早退など
もっての他でしたから。

(ライヴ当日を迎えてみてわかったのは
早退するにはうってつけのスケジュールだったこと。
でも、こればかりは致し方ないと言い聞かせるより他ありませんでした)

今にして思えば、2012年はこの一件に始まり
その後、宮本さんの病気が発覚し・・・。
つくづく思知らされたのでした。

それまでは、ライヴの予定が決まり
自分が希望する公演のチケットを手にし
自分がその当日ライヴにたどり着けること
そのこと自体が奇蹟だと思っていました。
ところがどっこい。
ライヴに行けることのみならず
ライヴが予定通り恙無く実施され
無事、終演を迎えられることこそ
キセキ的なことだと。


のど元過ぎればじゃないけれど
あの時受けたショックや衝撃(同じか?!)が
良くも悪くも薄れていくのが人のサガ。


天候不順による延期という措置は
ワンマンにおいては未だかつてなかったことかもしれませんが。
2008年9月6日の音髭では、エレカシのステージは執り行われなかったのですよね。
(雨と雷のため)
こればかりはどうにも防ぎようもないことで。
致し方ないことだなぁと思います。


最良の選択をし、その後の対処にも最善を尽くしてくれている
オフィシャルサイドの心意気を感じるので。
今日のこの発表については
好かったなぁと思っています。
ツアー最終日が中止という末路を辿らずに済んだことも込みで。





関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。