スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

COUNTDOWN JAPAN 14/15 day2 @ WOWOW生放送観戦

今日は朝一でエレカシ新春GOODSが届いた好き日だというのに。
その喜びが既に遠い記憶と化したも同然。


WOWOWでほぼCDJ14/15を観戦して。
[Alexandros]は演奏曲のほぼ半分を生放送でオンエアしてもらえたのです!!!

こんな素敵なライヴ観戦納めってあるだろうか?!



しかも、昨日のレディクレステージ画像で見知っていた
短髪に黒シャツ黒スーツ姿で歌う今をこんなにもたっぷり
堪能できるなんて?!

わたしにとってドロスとの出逢いの場となったJAPAN JAM 2014の
再来かと見まごうヘアスタイルだったので。
そりゃもうテンション上がるわ、胸がいっぱいになるわで
大変な訳です。
(さっぱり短髪姿は前日のRadio Crazyステージショットで確認済みとはいえ
歌い、話し、動く今をリアルタイムでたっぷり15分間もだなんて!?
想定の範囲外もいいところ)

MCからの終盤3曲。
とてもお得感満載でした!

○Run Away
ちょっぴり高音の音程が不安定?なんて思う瞬間もあったけれど。
擦れることなくスパーーーンっとした歌声なのが、流石だなぁと
逆に感じ入ったり。

○Adventure
今宵も冒頭のみ弾き語るとギターは降ろし
ハンドマイクようぺと化す。
「Adventure」の曲紹介は、タイトルのみ英語モードで。
2番でヒロさんに近づき、まるでダンスを踊るかのように
歌いかけたかと思いきや、すかさず歌詞の狭間に
本場の英語で「Happy Birthday」と早口で投下した洋平さん。
それにハニカミ笑顔で応えるヒロさん。
もう、恋人同士かっ?!と突っ込みたくなるほどに
微笑ましく、くすぐったくもあるけれど、うっとりするようなワンシーンでした。
ヒロさん、単独でベース弾く様も、まるでダンスしているみたいなんだけど。
洋平さんと向き合うと、モードが変わるんだなぁ、これが。
アウトロで映し出された洋平さん。
ステージ中央の縁に腰をおろし、足組んでる!?
それがまた絵になること。
立ち上がるまでの挙動も、チラッとみえかけた脇腹も込みで
眼福の極みでした。
そんな洋平さんのこと(一連の動きに対して)
やさしい微笑みをたたえるヒロさんもステキすぎる。
カメラに向かっての二本指でのジェスチャーも
ヴァリエがあって楽しませてもらったし。
2番のサビあたりでちょっと歌詞が怪しかったけのを聞き逃さなかったわ。
(その直前、サトヤスくんも歌詞を口ずさむところが
映し出され、いい画だなぁと思った矢先だったのがツボだったりして)
とはいえ、落ちないでそつなく歌いつなぐところが素晴らしい!
兎にも角にも見どころ満載(突っ込みどころも満載)なるアクトでした。

演奏し終えた直後、お決まりの「ウォーオ ウォーオ・・・」の
コールアンドレスポンス。
まずは洋平さんが見本となるように歌うそばから
早くもオーディエンスの声が重なっているのがよくわかる。
「Come on!」と本場の英語でいざなうのも毎度のことながら
聴き惚れてしまう。

「超愛してるぜ!幕張っ!!」だなんて。
それほどまでに気持ちよかったんだろうなぁ。
4万人収容の会場ですものね。

○Kick&Spin
間奏でキックしていた左足とエアギターでかき鳴らしていた洋平さん。
カッコよすぎだって!
「屋根吹っ飛ばせ」からの「あ・ば・れ・ろっ!」
スッとステージ縁のお立ち台に乗り、メタルの嵐をかき鳴らすマー君。
今日は慣れない場所での演奏ゆえか?(←勝手なる憶測です)
踏ん張ったり、ふんぞり返ったりはせず。
直立不動の姿勢を保ったまま至ってクールに。
間奏ソロの前に、エフェクター踏み換えるマー君の姿が一瞬
映し出されたのだけど。
とてもリズミカルに軽くちょんと踏んでいたのが印象的。
サトヤス君右斜め後方からのカメラがとらえた
右肩から二の腕のラインに見惚れた。
あのお団子ヘアもホント、お似合いでチャーミングなんですけど。

もっと感動したり、感激したポイントあったハズなんだけど。
これが精いっぱい。飽和状態です。

それもそのハズ。
生スタジオゲストとしてもその後4人そろって登場し
トークをも楽しませてもらったので。
このトーク時の髪型がまたヤバくて。
「For Freedom」MVの再来か?と見まごうほどに
ど真ん中だったわけです。
はぁ・・・。
それでいて、ライヴ明けの高揚しつつも、充実したモードで。
メンバーに対しては、意外にも丁寧語?的なモードで。
しかも洋平さんが話題にされていた
マー君のここ最近のステージファッション(ことコート)の謎といい
サトヤス君ののっぽのシンバルが2機になっていたことといい
This Fesレポの中に書いたばかりだったので。
そんなシンクロニシティが嬉しくて。
勿論、単なる偶然に過ぎないって承知はしていても。

ヒロさんへの誕生日プレゼントやお祝いを巡って
ステージ上で、歌詞の合間に「Happy Birthday」と言ったという事実と
それで今年のお祝いは終わりという洋平さん。
「どの曲だった?」と周囲に問うと、すかさず「Adventure」と返したサトヤス君に
グッとキタわけです。
しっかり一部始終を観ているんだなぁ。
武道館DVDのインタビューでもそういう言をしていたなぁ(ジーン)。
そして、タナボタ的に本場の「Happy Birthday」を再び耳にでき
あゝ、なんて幸せな。
暇そうにしてる(ある意味脱力?さぼってる??)マー君に
すかさず振ってくださったホラン千秋さんもナイスだったし。
サトヤス君のツッコミが、ヒロさんに対しても、マー君に対しても絶妙だったし。
それに対するヒロさん、マー君の切り返しもあっぱれとしか言いようがないし。
これこそバンドの仲の良さやチームワークの良さを
象徴していたなぁと後から後から感じ入っています。

ユニバーサルとのパートナーシップのこと「業務提携」と解説された洋平さん。
流石です!
「仲間が増えた」にもなるほど~。
ヒロさんの、「5年、10年経ってみてはじめて・・・」発言にも脱帽でした。
(さり気に口の上の髭がうっすら伸び始めていたヒロさん・・・レアでした)


こんなにも素晴らしいライヴ納め、ありがとう!(家フェスだけど)
幸せすぎてどうにかなってしまいそうだ。



関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。