スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

「Guitar magazine」 2015年2月号

あくまでもクリープハイプの尾崎世界観×小川幸慈による
スペシャルロングインタビュー目当てでゲットした品故に
Creepカテ扱いにしておきます。

が、しかしですよ!

エレファントカシマシの名を思いがけず見つけ
打ち震えています。




と言っても、まだインタビューは見出しと画像チェックのみ。

お二人のショットアレコレも勿論いいんだけど。
何よりグッと惹きつけられたのは
お二人のメインギターのショット。

小川さんのフェンダージャズマスの年季の入り方に
グッと来てしまったわたしです。
(最前列)目の前で繰り広げられたギターソロの数々には
他一切が目に入らず、耳に入らぬくらいにもっていかれちゃったんだよなぁ。

片や尾崎君の愛器はギブソン。
あの日、お隣の彼女と
やっぱりシャープなシェイプのエレキが好き。
特にヴォーカルは!なぞと話していたのだけど。
これはこれで、いいよね。
本人との相性もあるし。
驚くほどにまるっとしていて、まるで女性のボディみたいだなぁと
思わずにはいられないけど。
まぁ・・・これはこれで。


それはさておき。

「一枚に選べないなら、せめて六枚だけにしよう」と題したコラムにて
“人生の6枚”というテーマにより好きなアルバムを両人が選んだその中に
エレファントカシマシの『ココロに花を』の名が!

そのコメントがど真ん中すぎて胸の奥が熱くなりましたよ。

「バンドやりたいと思うきっかけ」だなんて(涙)。

「歌が真ん中に」とかそれでいて「4人で音をぶつけている感じが好き」とか。
もうエレファントカシマシの真髄ですよ。
「バンドとしての音がカッコイイ」だなんて・・・。
これ以上はコトバになりません。

あゝ、こうしてまたひとつつながったよ。
小川さん、ますますリスペクトです。


尾崎君のチョイスにはなるほど~と思いつつ
実に多岐にわたっているなぁ。興味深い。
(かぐや姫、野狐禅、銀杏BOYZ、広末涼子、初恋の嵐、フラワーカンパニーズ)
銀杏とフラカンは大いに納得するところでした。

先ほどのクリープスタッフによるツイートで
東京タワーと世界観なるショットを目にしたばかり故に
フラカンの『東京タワー』がセレクトされていて
ジャケ写に圧倒されてしまったわ。
これもまた少なからずつながっている感じかと。


でも、何より嬉しヤバしだったのは
表紙めくってすぐの山野楽器の広告。
こういう眼差しにめっちゃ弱いのだ。

<尾崎世界観 with リッケンバッカー Model 330>
殺傷能力ハンパなし!


・・・一緒に届いたもう一冊 こと Talking Rock!が霞んでしまったよ・・・(ペコリ)





関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: Creep

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。