スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

2015.3.25 ZIP!春フェス2015 クリープハイプ@TOKYO DOME CITY HALL

<セットリスト>

1.百八円の恋
2.エロ
3.オレンジ
4.憂、燦々
5.愛の点滅(新曲)
6.HE IS MINE
7.社会の窓





17:30開演。

と言ってもまずは、MCの桝さん、小熊さんが登場しての
ご挨拶やコールアンドレスポンス。
桝:「男の子、元気かぁ~?」
小熊:「女の子、元気かぁ~?」
の後、桝さん、中間の人について付け加えていたなぁ。

ZIP!春フェスTシャツを身にまとったMCお二人が
ステージ袖に消えた後、トップバッターとして登場したのはクリープハイプ。

待望の白シャツ+黒パンツ姿の尾崎さんにテンションあがりまくり。
髪型も随分さっぱりした感じ。
ゆきさんは、通常モード。
拓さんは、ロゴ入りのダークカラーのTシャツ。
カオさんは、コートの下にはブラウスにいつもの(?)ネックレス。
パンツはダークグリーン。
拓さんとカオさんも、髪をカットした様子。

ツアー後編に向けて、カットしたんだろうなぁ。

1.百八円の恋
登場後、徐に、尾崎さんのギター弾き語りから。
おぉっ!?いきなり冒頭で??!!


「テレビではやれない曲を」
2.エロ
今宵はゆきさんのイントロギターソロ
キニナルほどにはモゴモゴ(ボてボテ)していなかったと思う。
バスドラがいちいちカッコよすぎる!

3.オレンジ
間髪入れず「あのオレンジの光の先へ~」の歌始まりで一挙にボルテージがあがり
ようやくここで立ち上がった人、それはわたしデス。
座っていると物足りなくて。
でも、第3バルコニー最前列で立ち上がると
それはそれでちょっと照れるというか、なんというか。
かなり高いところから見下ろす形であれ
自分の前には何もさえぎるものはなく。
丸見え感が凄まじくて。
オレンジのライティングも込みで
ライヴで聴く「オレンジ」は格別だ!
それは、初聴きのThis Fes以来、なんら変わらず。


4.憂、燦々
尾崎さんは、ギターをリッケンバッカー(クワガタみたいなシェイプのエレキ、ね)に
お持ち替え。
唯一この曲の時だけ。
竿持ったメンバー3人がドラムの方を向き
疾走感のあるバンドアンサンブルを響かせ
一体、何??と思いきや、そう来たか!!!の「憂、燦々」。
この流れは憎いなぁ~。
サビ前の「ティン」という効果音の謎。
おそらくは、ゆきさんがギターでつま弾きだしているのだろうと
わたしの中では結論した。
その直後、サビに入ったと同時に、エフェクターの踏み換えがあったから。

「新曲をやってもいいですか?」的な一言が差し挟まれていたかしら?
5.愛の点滅(新曲)
イントロのインパクトと、ステージ背後に映し出された
新緑の緑とまぶしい陽光の効果映像とが鮮烈だったな。
あとは、サビ界隈でのローラーコースターみたいな映像。
自分が滑っている人になったような視界をとらえた映像だったから殊更に。
ブリッジのメロと歌詞に一瞬キュンとしたこと。
信号とか点滅という歌詞が耳に残った。
聴きこまないと尾崎さんの独特なハイトーンボイスは
リスニングに難航するということも、改めて実感。

「テレビではやれない曲をもう1曲。やってもいいですか」的な前振りから。
6.HE IS MINE
クリープライヴに於いては、不可欠なる1曲。
とはいえ、テレビカメラが入っていても悪びれもせずやってしまうという。
最大の山場を前にして
「わかってるだろうなぁ?今日はテレビカメラが入っているからな?!ダメだぞ(あれは禁句だから)」と
釘をさす尾崎さんに思わずニタリ。
「だからこそ、いつも以上に叫んじゃえ」ということの裏返しだよね?
(わたしはそう思ったよ)
「今度会ったら・・・」「○○○しようっ!」の応答関係は、今宵もバッチリ!
尾崎さんもそれを受けて、お決まりの「大変よくできましたぁ」と
返してくれたし(ニタリ)。
これは、病み付きになる。
まだわずか3回目だけど。


「最後の曲です。
わかりづらいと思いますが、この曲の(中で?)マニフェストを。」という尾崎さん。
その発言に、???だったのはわたしだけ?!

7.社会の窓
イントロが始まると同時に、ズンズンステージ縁まで出て来ながら
頭上に両腕を掲げ、手拍子を煽っていたカオさん。
ミラーボールがキラキラ光を放ちながら、クルクル回って
なんともゴージャスな「社会の窓」。
中野サンプラザ(DVD映像)ではシルバーのテープが宙を舞っていたなぁ。
今回はミラーボールによる光効果により、紙ふぶきが舞っているかのようだったわ。
歌い終えると、ギターを頭上に水平に掲げていたなぁ。

「最後まで楽しんでいってください。
できれば、今日出演するバンドの中で1番覚えていて欲しいです。」

付け加えたラストの一言。
やっぱり尾崎さんらしい。
変なところで感心するやら安堵するやら。

MCでは、「いつもZIP!を観てから寝る生活なのに
こうして今日はみなさんと一緒にこのFESを楽しんでいて」みたいな
こと言っていたなぁ。

その後、しばらくしての再登場。
桝アナ小熊アナとのミニトークショー。

マニフェスト実行については、尾崎さんのが一枚も二枚も上手で。
桝「社会のZIPって」
尾崎「わけわかんないですよね」
桝「敢えて問いたいんですけど」
尾崎「社会のジッパーって言うじゃないですか」
桝「いただきました」

なるほど~ジッパー=ZIPだったのかぁ・・・!!!
その場にいた誰しもが思ったに違いないっ!
(翌朝のZIP!で試聴した人も)

フェスの常連ということで、待っている間(4時間)は何をして
過ごしているのか?という問いに
4人がそれぞれの方向を向いて、黙っている。
4時間のうち10分くらいは、何かしゃべるけど。的な回答が。
これ、エレカシと大差ないなぁと思ったわたしです。

休みの日の過ごし方について。
ゆきさん:昼間っから飲んでる。
カオさん:いろいろあげてたけど、尾崎さんからのツッコミにより嘘らしいことが発覚(違ってたかなぁ)
拓さん:失念・・・ORZ
尾崎さん:休みがないから。もし丸1日自由に使える休みがあったら・・・
映画に行ったり、行かないな。
今度は何したらいいかわからないかも。
(ちょっぴり覗いた天邪鬼モードがツボだったわ)

桝さんの「ますます謎が深まった」には思わず頷くばかり。

小熊アナは、「社会の窓」の「余計なお世話だよ ばぁーかっ」の
「ばぁーかっ」に刺されたそうです!
(カッコイイというか、嬉しいというか、くすぐったいというか。
兎にも角にも大いに納得デス)


自分の前に壁はなく、視界を遮るものなぞなく
上から覗き見る席だったことで
爪先立ちになる尾崎さんと大股開脚でゆらゆら弾き鳴らすカオさんと
曲により様々なモードで歌い弾くゆきさんと
拓さんのテクニカルなドラミングとに
釘づけでした!

眼下に見下ろすアリーナにて、自分ももみくちゃになりたい衝動に駆られる瞬間が
幾度となくありましたが、今回は総じてバルコニー席で好かった!
今なおそう思います。






関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: Creep

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。