スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

2015.4.5 クリープハイプ「一つだけじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう」後編@清水マリナート

たまたまライヴ数日前から聴いていた
ツアー後編初日@市川と同じセトリだった模様。
それが自分にとっては、まさしくジャストフィットだった
わたしにとって初のクリープワンマン@ホールライヴ。


雑駁ですが、一通り書き終えたのでアップします。
加筆の余地を残しつつ。


ツアーにこれから参加予定の方
ネタバレしてますので、ご注意くださいませ(カオさん風)。








カオさんサイド20列よりちょい前から臨む。
傾斜が適度にあり、見やすそうと期待が膨らむ。

定刻より5分は回っていたと思う。

18:05過ぎ。

緞帳のように、ステージ縁に上から垂れ下がった白い薄布。
そこにクリープハイプの見慣れたロゴ。
それと同時に、怪しさと不気味さを湛えた赤色ライトに照らされた
妖艶なカオさんのシルエットが映し出される。
勿論、あのベースラインと共に!!!

1.HE IS MINE
このオープニングの演出には腰が砕けそうだった。
ニクイ!ニクすぎる。
しかも、間奏で「会って間もないですけど、こんなこと・・・(云々)」なぞと
口挟む尾崎さんもなんというか(以下割愛)。
そんなの関係ねぇーーーっ!くらいのボルテージで
会場全体の熱量がグワーーーッとアガり
今度会ったら・・・●●●しようっ!のコールアンドレスポンス
見事に決まった!
「大変よくできましたぁ」もいただき、大満足の幕開けと相成りましたとさ。
のっけから大盛りアガリ!
尾崎さんも、ギターを頭上に水平状態で持ち上げていたな。
この曲のテーマカラーは勿論赤!
ステージ後方に配された(LEDみたいな)電飾で浮かび上がった山形のシルエットも
カッコよかった!

2.リグレット
間髪入れずに、曲から曲への橋渡し。
クリープハイプのライヴの醍醐味のひとつ。
毎度毎度のことながら、そう思う。
この曲では一転し、青い照明。
山形のシルエットも、形を変えていた。


3.そういえば今日から化け物になった
またまた間髪入れずだったと思う。
1/30にZepp Tokyo以来2度目。
前回より更にライヴ映えするカッコイイ曲だと思ったよ。
演奏されるライヴ会場を選ばないということ。
拓さんのイントロからAメロへと移る直前の「ドンっ」も
しかと味わえたし!

ここで初めて脱力気味の「ありがとう」を耳にしたと思う。

4.2LDK
歌始まりの「これから~」第一声で既にヤバイ。
アルバム第一曲目、かつ、ツアー前編のオープニング曲だったこの曲。
今回は、今宵のライヴの始まりを告げる感じ?
(例えるなら・・・エレカシライヴでの「今はここが真ん中さ!」みたいな位置づけだなぁと
後から思ったわたしです)

「みなさん、すごい元気ですね。
この勢いのまま(息切れせずに)最後まで楽しんでほしいので
これから落ち着いた曲をやります。」
そういった尾崎さんは、アコギに持ち替えている。
なんだか新鮮だった。
前編では目にすることがなかったから。

5.本当
左右の巨大液晶ビジョンに映し出された映像・・・確か波のような感じ?
名曲。そして素晴らしき歌声。

演奏後、ほぼ最敬礼というくらいに深々と頭を下げていた尾崎さんとカオさんが
焼き付いていると思いきや・・・
いつまでたっても頭を上げない?!
どころか、身体を折るようにだらんとうなだれたまま!?
そのまま次の曲へ。
(演出の一端だったのね?と気づいたのは、更に次の曲間でもそうだったから)

6.喋る
間奏やフレーズとフレーズの間みたいな
歌詞と歌詞との行間(つまり歌っていない箇所)で
「あーーーーーーっ!!」と幾度となく叫んでいたなぁ。
爽やかな、穏やかな曲調と、優しい歌とはむしろ真逆のモードで。
何をそんなに咆哮しているの?何が咆哮させているの??
俯瞰していたもう一人のわたしがそう思ったよ。

先の曲同様、またしても深々とお辞儀→うなだれた姿勢からの
イントロのギターフレーズという展開だったと思う。

7.のっぺらぼう
カオさんの歌声にこんなにも刺されるとは思ってもみなかった。
してヤラレタとはこういうことを言うのだろう。
琴線を直撃。危うく視界が霞むところだった。
CDで繰り返し耳にしていたそれは、もっとかすれがかった
無機質な声。
それはともすれば、体温を感じさせないような
敢えて気持ちを抑えた「カオナシ」ならではの歌い方だと
勝手ながら思っていた。
今宵のそれは、いい意味での裏切りそのもの。
別ものもいいところ。
まっすぐで、朗々としていて。
それでいて太くて、熱さをも内包していて。
尾崎さんがかぶせるコーラスチックな歌い上げ方を
カオさんもしていたなぁ。(染るのかしら)
わたしにとってはベストアクトのひとつ。
(ベストって本来最上位であるハズなんだけど)
左右のビジョンには何か映像が映し出されいたハズ(ぐるぐるな感じ?それともぼんやりした感じ?)

8.ヒッカキキズ
尾崎さんの鳴らすアコギの音色と切々とした歌声に
ただただ聴き惚れながらも、どうしても曲名が思い出せず
ほんのちょっぴり悶々としながら聴いた1曲。
ラストの「傷つける」みたいな歌詞だけは刻もうと記憶したけれど。
それさえも間違っていたよ。
「傷づける」じゃなくて「爪を立てて」だったね。

歌い切った後、ジャンッとアコギをちょっぴり乱暴に弾きおろし
敢えて余韻をぶった切るのがミヤジっぽいなぁと少なからず思ったわ。
その次の瞬間、割れんばかりの拍手!拍手!拍手!
名演だった。


「昔、ラブホテルで
好きな部屋をお選びくださいと言ってるくせに
一つしか空いていなくて。
しかも頭に来たのが、一番安い部屋だったという。
そんな過去を今日で消すために歌います」
(あくまでもニュアンスです。)

そう尾崎さんがサラッと言った時
わたしの斜め後方では小さく「マジかっ」とこぼした女性の声。
小さな驚きが隠しきれず声になってしまったのだろうか。
感じ方は十人十色。
わたしは無性に微笑ましくて、思わず笑ってしまったよ。

9.エロ
「ラブホテル」だと思いきや・・・そう来たか!?(してやられたり)
あまりのインパクトに、イントロでのゆきさんソロはチェックするの忘れたわ(ちっ)。
リベンジは、2番前の間奏部で。
やっぱりモゴモゴ、もたついた感じ?
あれは弾き方のせいというより
エフェクターのせい・・・なのか??
謎は深まるばかり。
でも、好きなモノは好き!

10.オレンジ
間髪入れずのオレンジ(だったハズ)。
お決まりとはいえ、オレンジ色の照明と相まって
心の底から幸せな気持ちで満たされてしまう。
決して、ピースフルな歌詞ではないのにね。


「明日からまた学校や仕事が始まって。
何かしらあると思うんですけど。
そんなみなさんに、何があっても大丈夫という曲を歌います。
今だけは、そういうこと忘れて楽しんでほしいなと思います。」
(意訳です)

11.大丈夫
「ダン・ダン・ダン・ダン」
冒頭のこのドラムだけでお腹いっぱい。
ホントに、ねぇ。もう・・・拓さんのドラミングの魅力の宝庫。


出ました!くわがたギターことリッケンバッカーへの持ち替え・・・となれば
この曲!
と思いきや、徐に4人が向き合って、バンドでのセッション(というかつなぎ)を
かき鳴らし、打ち鳴らしている。
わたしの記憶違いでなければ、11日前にZIP!春フェス2015で
奏でられたソレと同一のモノだったと思うのだけど。

12.憂、燦々
~からの「憂、燦々」という流れも込みで、ZIP!春フェスと同等だったハズ。
効果音の謎。
もう気にならない!

13.ラブホテル
「夏のせいっ」というたたみかけ。
これ、大好きなフレーズだけど、やっぱりちょっと出しづらそう?!
擦れることはないけれど、しぼりだしているその感じからそう思う。
ホテルの部屋番号を差し挟むカオさんの歌声の色っぽさ。
CD音源を遥かに超えていて・・・マイッタ。
(その瞬間の映像効果、左右の液晶ビジョンに映し出されたのは
ムーディーな感じのピンクやオレンジだったハズ♡)
そしてお決まりの(?)大サビ前でのブレイクタイム!!!
先のMCからひっぱっての紛失したソックスのこと。
「今、歌っていたら無くしたの片方の靴下のこと思い出しちゃって。
でも、これで最後にします。無くしたことを忘れます。
あっ・・・これは、夏のせいじゃなくて、自分のせいです。
皆さんも、盛り上がってくれますか?
いきますよ?!」
からの大サビ~という流れは大いに予想された展開。
とはいえ、先のMCをここで再利用するとは・・・!
うーーーーん(脱帽)。

曲終わり、間髪入れずに拓さんの「ドン・ドン・ドン・ドドド」という
地響きのようなドラミング。
こ・れ・は!!!

14.火まつり
やっぱり「火まつり」だ!
カオさんが力強いドラムのリフをBGMに何か曲説を差し挟んでいたと思うけれど。
聴き取れず、その上失念(あゝ、無念)。
拓さんのドラムがこの曲の演奏の要というか肝だったとは!
それだけでかなりの衝撃を受けているところ
左右の巨大液晶ビジョンに映し出された燃え盛る炎の映像。
さらには、その炎に包まれながら演奏するクリープハイプの生映像。
サビ終わりの「その冷たい火まつりに僕も混ぜてよ」の
「冷たい」に合わせたタイミングで、炎の映像が青に変わったその瞬間
ゾクっとしてやまなかったなぁ。
こんなのありかよ!?というほどに。
あれはとどめの一撃と言っても過言ではないと思う。
歌詞のゾクっと感をさらに際立たせていたことは間違いなし。

ステージ縁まで出てキタ カオさん。
何やらお礼を言っている・・・にしては、なかなか下がらないな??
あれ?!マイクも通さず何かしきりに言っている?!と思いきや
「世界で一番好きな曲をやります。聴いてくださいませ。」

15.チロルとポルノ
~からのチロル。
うゎあ・・・またしてもコトバを失ってしまったわたしデス。
今日楽しみにしていた中の1曲を
こんな紹介と共に聴けるなんて。
「お腹がすいたらチンして食べてね」の歌詞でのハモリ、なんとも言えず。
もはや、うわぁとしか言葉が出てこない。

16.寝癖
(おそらくは間髪入れずに)鮮烈な突き刺さるイントロに呼応するかの如く
ステージ後方から客席を射るような
透明な光の放射・・・!!!
これにもまたしばし呆然。
尾崎さんは、もうこれでやめようかなっの「なっ」以降の「なっ」の
歌い上げで振り絞るも、辛そう。
だけど、サビではそんなこと微塵も感じさせず。


「カオナシ、世界で一番好きだったんだ?
いつもより、しっかり弾けてました」
みたいに、照れながらも嬉しさを垣間見せる尾崎さん。
こういうところはものすごくかわいげのある人だなぁと思う。

「5/8に発売が決まった新曲をこれから演奏します。
寝癖の時もそうだったけど、初めて聴くお客さんの緊張感と
初めて披露するこちら側の緊張感とを忘れずにいたいと思います。
お互いこういう瞬間は今だけなので
大事な曲を大事に演奏しますので、真剣に聞いてもらえたら嬉しいです。
また次に聴くときには、成長したところを感じてもらえたら・・・。」
そんなニュアンスの尾崎さんのMC。

17.愛の点滅
前曲と同じパターンの照明だったけれど。
それに色がついて、信号の点滅するニュアンスを出していたと思う。
Bメロの泣きメロチックなところ、やっぱり好き!わたし好きだね!と再確認。
ブリッジのメロ(大サビ直前)も同様。
からの拓さんのマーチングスネアみたいな音も。


18.百八円の恋
尾崎さんは、歌いだす前何度も何度もリフレインしたいなぁ。
あれは決まっていたのか?それともあの瞬間の気分からか?
ラストの「痛い痛い痛い痛い・・」の応酬。
今宵はくっきりハッキリ。


19.社会の窓と同じ構成


20.社会の窓
カオさん手拍子を煽っていたかしら?
記憶が定かではない。
イントロで、左足をほぼ直角にあげステージの床を踏みしめるように踏み下ろすまでの
尾崎さんによる一連の動きがコミカルなようでいて、その実案外カッコイイ。
これはわたしにとってマニアックなチェックポイントのひとつ。
いつにもまして、イントロでのカオさんによるコーラスが
コーラスの中で幾重にもハモって聴こえ、一人で歌っているとは到底思えず。
これは幻聴?それともマジック??と思う。
間奏前でまずは一度。
そしてラストでもう一度。
ギター水平頭上持ち上げの話、ね。

「10年とか12年前の曲って、いい思い出がなくて。
今までやってこなかったけど。
さっきの忘れ物の話じゃないけれど
今回はこの曲を置いていきます。
またいつか取りにこれるように。」
(ENでのMCと混同している可能性無きにしも非ず)

21.ねがいり
CDで聴いていたより遥かに届いているし、何より刺さる。
ライヴで聴けて好かった。
このMCとセットで聴くことができて
本当に好かった。

ステージ袖にはけていく拓さんの胸元はかなりの面積
汗でぬれていたのが見て取れた。

アンコール:

尾崎さんを先頭にメンバー再登場。
「ありがとうございます。
静岡にキタのは、昨年のホールツアー以来1年ぶりですが。
すごい元気だけど。
前回から今日までの間に、何か鍛えてた?」

「明日からまた新しい生活が始まると思うんですけど。
そんな皆さんに目覚まし時計という曲を歌います。」

22.目覚まし時計
カオさんは男らしく、尾崎さんはちょっぴりキュートに。
お二人が交互にメインボーカルを取るこの曲。
聴くことができて嬉しかった。

「さっきも言ってた新曲がでます。
新曲があれば、カップリングがあるのが世の常。
空色申告という曲を作りました。
途中、わたしが喋る・・・台詞があるんですけど
今日は静岡弁で喋ると言うことで緊張しています。
頑張りますので、聴いてください。」

23.空色申告
曲調も詞も、既に忘却の彼方だけれど。
とても第一印象の好い楽曲だったことだけは確か!
そして、カオさんによる静岡弁。
「~ら」(他にもチラホラあったけど失念)が無性に可愛らしかった。

歌い終えての、*方言に対する放言も込みで
初聴きのこの瞬間、嬉しい・楽しい・愛おしいそんな気持ちでいっぱいに。
(*静岡弁は「~ら」とかつけておけば、大丈夫と尾崎さんに指南するカオさんに
お客さんが「~ずら」は言わないとか、「~だら」も言うとか声が飛ぶ。
それを受けて、「コトバはいいですね。俺は幼少期イギリス、イングランドに居たから・・・」と
語る尾崎さんに、「英語聴かせて!」と投げかけるお客さんに「嘘だよ」と。
この一連の流れには大笑いさせてもらいました。)




「昔、清水のジャム・ジャム・ジャムっていうライヴハウスで
やったことがあるんですけど。
お客さんはほとんでいなくて。
終わった後、せっかく来てくれたからと500円もらったんだけど(誰からか聞き取れず)
すごい悔しくて。
でも、今はこんなにたくさんのお客さんが来てくれて。
本当に嬉しいです。
今日は最後にこの歌を置いていきます。
いつかまた取りにもどってこれるように。」

24.さっきはごめんね、ありがとう
尾崎さんのMCにジーンとキテしまい
詳細は記憶に残っていない。
けれど、冒頭のしっとりとした弾き歌いからの
その静寂を破り、ハッと我に返らすかの如く
割って入ってキタゆきさんギターの「ウィンウィンウィン」という音の鮮烈さだけは
強烈に刻まれている。
尾崎さん、この曲でもくわがたギターだった。
そして、ものすごく叫んでいた。
でも、それが、とても好くて。
叫びたいほどに、沸き起こる気持ちがあるんだなぁ。
そんなこと思いながら、「ありがとう」という歌詞のコトバをかみしめた。
終盤、ゆきさんとカオさんが向き合って、どんどん距離を近づけながら
弾いてるなぁと思った次の瞬間、定位置に戻っていた(早っ)。


去り際、両腕を掲げて客席を観てくれた拓さん。
ありがとう(ございました)とつぶやきながら、振り向き加減で
もう一度客席方向へ視線を傾けていた尾崎さん。
小さくお辞儀をしながらはけていった幸慈さん。
カオナシさんは身体ごと正面を向けてから
去って行ったと思う。

20:00終演。

あっという間だったけれど、24曲も演奏。
ものすごいボリューム感だったと思う。

前半のMC。
タイミングはまったく覚えていないので
備忘録として以下に。


■一番最初のMCだった?
「明日から学校や仕事が始まる?
そうだよな?
でも、今日だけはそういうこと忘れて楽しんでくれたらと思います」


◆カオさんをいじりながらの尾崎さんによるMC。
尾「よく会場名を叫ぶバンドがありますよね。
今日の場合は、静岡?それとも清水?」
尾「清水さんって今日いますか?2人くらい??」
じゃあ、カオナシ、呼んでみて?」
カ「シズオカーーー」
カ「シミズーーー」
尾「さっき清水さん2人とかだったよね?(どうしてみんなが反応するの??)
あっ、カオナシ、怒ってる??」(←コレ、お決まりですよね!?)
カ(首フルフル・・・だったかな?アヤフヤです)

●どこか行った?という質問に
尾「どこも行かないでホテルにいました。」

●さわやか(のハンバーグ)食べた方がいいよ!的な呼びかけに
尾「ハンバーグね。画像検索だけはしました。さわやかね。」

●~からのホテルでの靴下紛失話
尾「ホテルで靴下片方見つからなくて。
シーツもこうやって一枚一枚剥いで探したけど、何処にもなくて。
これから先もずっとそのことがついて回るくらいなら・・・
頭にキテ、片方もゴミ箱に捨ててやった。
朝、靴下探してて、集合時間に遅れるっていうね。」

●尾「今、掃いてるのは別ので」(そう言って左足のみ靴を脱ぎ
青色の靴下を見せる)

★しばらくした後のMC(ラブホテルの後だったかも?)
尾「さっきの靴下の話、カオナシはどう思った?」
カ「正直なところ、酷い話だと思いました。
わたしも靴下片方無くしたことがあります。
その片方と、他にも片方無くして残った片方同士でこうして穿くことができます。
(左右の手を駆使しながら力説!)」



MCも込みでのストーリー仕立てのステージかつライヴという
印象が強く残りっています。
というのも、すべては「靴下紛失のせい」。
「忘れ物」という何の変哲もないコトバがライヴが進むとともに
大事なキーワードとして形と意味を持ち、確かな存在感を顕にしたから。

ライヴ翌日の通勤電車にて。
ふと、あれって、実は、実話じゃなくて
今回のステージに於いては必要不可欠なフィクションだったのでは?
なぞと思ったりしたほど。
仮にそうだったとしても、まんまと騙されたとかハメられたという感は一切なく。
むしろ拍手喝采!です。


兎にも角にも、一つになれたと思しき瞬間、幾度となくありました。
それはツアー前編のライヴハウスのみならず。
後編のホールでもなんら変わらず。

前編と後編とはまったくの別モノになるから
両方来てほしいという趣旨のことを
SOLで尾崎さんが話していたのを聴き
思い切ってライヴ10日前にZepp Tokyo行きを決めて好かった。
今、ホールでの初ワンマンを体感したからこそ
より一層強く思っています。

できうることなら、あともう一回体感したいな。
同じセトリでも、異なるセトリでも
どちらでもオーライなので。
そんなこと思ってしまうのは、紛れもなく、クリープハイプのせい。


関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: Creep

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。