スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

「愛すべき今日」MVとRIJF2015ライヴ映像視聴しました

録画して数日手つかずだったRIJF2015 day1のアクト「愛すべき今日」を視聴する前に
トモがご厚意で送ってくださったMVをフルで観ました。


ショートver.が解禁された直後にちらりと視聴して
静止に耐えがたく、今は時期ではないと中断したのはこのわたし。
やはり先月は、某試験が自分にとってのすべてで
そうとう追い詰められ、ものすごいプレッシャーを感じていたのだと思います。
夜ぐっすり眠れたものじゃないほどに。

送ってくださったトモから
「曲はいいのに、なんだか暗っぽい映像」みたいな感想も以前聞いていて。
追い打ちをかけられてしまったのか?どうか?!

いずれにせよ、今、このタイミングで視聴できたことを
ココロより感謝します。

「絆」のMVでの単独シーンを彷彿とさせるなぁと幾度となく思いました。
が、あの当時のようにそれに見惚れる自分とは一線を画す
どこか冷静なもう一人の自分がいて。
正直、バンドでの演奏シーンの方が数段輝いて見えると思ったのは
わたしだけでしょうか?!
歌っている時の破壊力、魅力には敵わないということです。
だって、宮本浩次という人は、「ロック屋」、「ロック歌手」だから。

4人でかき鳴らす演奏シーンは、スピッツのロビンソンMVの映像を
懐かしく思い起こさせました。
倉庫(らしき建物内)というシチュエーションがリンクしたからでしょう。


MV、RIJFのライヴ映像共々、トミのパワフルさ加減と男らしさには
心底見惚れました。
そうかと思えば、成ちゃんと被るシーンもこれまたよくて。

石くんの視線の行き交いだけはノーチェックでしたが。
トミ成ちゃん共々、宮本さんが視野に入っている時のチラ見かつガン見。
映像的にも被るから、より迫りクル訳ですよ。
そんな一瞬にさえ、あゝ、ロックバンドだなぁとしみじみ。

自由奔放に、グレードアップした宮本人生劇場で魅せまくりの宮本さん。
高音になると俄然丁寧に美声を響かせているところが
明らかに変わったなぁとこれまたしみじみ。
嬉しいよね、きっと。
聴いている我々以上に、当事者である宮本さん自身が。

あまりにもお久しぶりだったものだから
白シャツに黒パンツのまぶしいことこの上なくて。

いやぁ・・・参りました。
久々に琴線が揺さぶられ、ガシっとわしづかみされてしまったわ。
魂を揺さぶる圧倒的な歌声とパフォーマンスは健在どころか
グレードアップしていたという。


そんなこんなで明日のラジオ出演により、リリース祭りの幕開けでしょうか。
網羅できないなりに自分のペースで楽しみたいと思っています。

関連記事
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。