スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

「よるのふくらみ」1分書評

またまた尾崎世界観による1分書評。
こんなに早く次を読めるとは思ってもみなかったから
ただただ嬉しかったよ。

「よるのふくらみ」1分書評『繋いだ手の中の冷たい部分を探してしまうのは昔からの癖だ。』


本末転倒になってしまうけれど。
尾崎さんによるこの書評だけで、お腹いっぱいに。
大げさではなく、一つの作品を読み終えた後に匹敵すると言っても
過言ではないくらい。

ドキッとさせられ、それでいてちょっぴり微笑ましく
時にほろりとさせられてしまうから。

彼女との喧嘩云々が生々しく書かれていること。
名字が変わってしまった元彼女からの段ボール(荷物)が届いたこと。
それらとは比べものにならないくらい深部にまで突き刺さったのはこの一文。

苦労して積み重ねた信頼関係にも、こっそり切り取り線を入れていつでも切り離せる様にしている。



尾崎さんらしいと言えばらしいのだけど。
こういう発想、自分にはまったくもってなかった故の不意打ちを食らった形に。
こういう突き落とす(突き放す)というか、どんでん返し的な感じに
何よりゾクっとさせられる。
テクニックというより、彼自身の持つ本質的な部分なのではないかと思ってみたり。

ダンナくんに「おめでたい」とか「甘い」と度々言われてきた所以が
少なからずわかった瞬間でもあり。

マイリマシタ。

少しは見習った方がいいのかもしれないな。
尾崎さんのこういう視点や発想。

関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: Creep

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。