スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
カテゴリ: スポンサー広告

ドロスCDJ15/16 day2@WOWOWを視聴して

[Alexandros]オンエアリスト

本編ラスト:
♪ワタリドリ

退場⇒再登場

MC:ひろさんのバースデイ

EN:
♪12/26以降の年末ソング の一説からの替え歌
♪city
♪Dracula La


特筆すべきは、半袖T姿の洋平さん。
これは超レアだと思う。
インナーに黒×白のタンクトップ着ているところが、らしかったなぁ。

フォーマルというかドレッシーというか貴族チックなサトヤスくんのいでたち。
捌け際のお辞儀もそれに寄せてか、エレガントだった。

マー君のアウターも素敵だったなぁ。

ひろさんは、平常のいでたち(黒長そでシャツに黒パンツ)。


それはさておき。
ドロスはこの1年間でものすごく大きなバンドになったなぁと
どの瞬間をとっても思わざるを得なかった。
幕張でツアーファイナルを行ってしまうほどだものね。
ワンマンとフェスでは、同じ会場であっても云々・・・という話題が
スタジオゲストで登場したときに上がっていたけれど。
それにしても、本当に大きな会場でものすごくボルテージがあがっていく様
オーディエンスを巻き込んで、大きく飛翔する様が
本当に板についていて。

今までは、シンガロングと言えば、「Adventure」の
♪オーオ オーオ オーオ オオオオ♪がお決まりだったのに。
「Dracula La」も前奏前にシンガロングに持っていき
そこからの曲始まり!?
この瞬間だけはあの大勢の中のひとりとして混ざっていたかったぁ!!!と思いましたよ。
大好きな曲だからこそ。
そう言えば・・・
間奏でのドラキュラ ドラキュララ・・・の変拍子のところ。
今日は迷いなく、シンガロングできて
わがことながら吃驚!!!!!
二か月前のツアーのときはちょっぴり怪しかったのに。
ツアー以降、さほど聴いてもいなかったのに不思議だなぁ。
いつの間にか、自分の中で血肉になるってこういう感じも含むのかしら。

曲間のつなぎも、(おそらくは)ツアーで得たものを活かしていたよね(悲しい哉、もう記憶が怪しい)

ものすごく、頼もしくて、安心してみていられるのに
まぶしくて仕方なかったなぁ。

でも、見慣れないあのいでたちはちょっぴりくすぐったくて
勝手に恥ずかしさを覚えたり(バカです)。

なぜ、かっちりしたいつものスーツ姿ではなかったのか?
その本意が知りたいなぁ。


フェスではまずやることはないであろう
あの曲の弾き語りでの一瞬。
刹那のハズなのに、時が止まったかのような、永遠であってほしいような。
そんな極上の笑顔。

そうそう。
歌いだしで、キーがハズレたのもレアでした。
その直後のリアクション込みで。
ミヤジだけじゃなかったよ~という意味でも安堵したり(ニタリ)。

マー君もほんの一瞬、いい笑顔で魅せてくれていて
ツアーでのワンシーンと確かに重なりました。


バンドが大きくなってしまって寂しい・・・と今までに幾度となく感じてきたキモチ。
不思議なことにドロスには感じないのです。
目標を、そのゴールを、果てしなく遠く、大きな舞台に置いているからなのか、どうか。

とはいえ、幕張でのワンマンみたいな大きな会場でのスタンディング
自分は無理だなぁ。
物理的にもだし。
今回は、ムスコの誕生日とモロかぶりで
当初は泣く泣く断念したけれど。
結果オーライだったと思っています。

かといって、arkみたいな600キャパの狭いハコも
リスクと隣り合わせであることを、今回心底実感したので。
洋平さんも自分の声がサウンドに負け気味だって
絶対に気づいていて。
スタッフに指示出していたけれど
今一つ改善されなくて。
そんな一連の様子を目にしながら、自分自身もスピーカーにさらされ
やられかけていた左耳がヘルプを求めいたこともあり
ミヤジみたいに、もっと激しく、感情を露わにするくらいにPRしてもいいのに?!
なんならわたしがかわりに!?くらいの気持ちにもなったりして。
だから、至近距離で楽しめたことは至福だったけれど。
バンド全体の演奏を楽しめたかというと・・・ゴニョゴニョ。

でも、まぁ・・・1年という短い期間で
2度も最前列で楽しませていただけたことには
感謝してもしきれません。
クルー様様です。

とりあえず、Earth Stageでのトリことライヴ納めが大盛況のうちに幕をとじ
本当に好かった。
2015年、お疲れさまでした!
ごちありの総仕上げは年明けのWOWOW放映で
堪能させていただきます!

来年は、少し振り返りながら・・・と公言していたことも
なんだか嬉しかったな。
昨夏のめざましライヴの頃、左腕のテーピングが痛々しかったことが
突如去来したけれど。
CDJ15/16のステージでむき出しの腕は
そんなこと微塵も感じさせなくて。
長くて、しなやかで。
短い中にも、わたしはわたしなりにドロスとの思い出があって
積み重ねられてきた1年5ヵ月という歴史にも思いを馳せた年の瀬でありました。


久々すぎて、ブログの書き方、忘れてしまいました(恥)。
文体がちぐはぐですが。
勢いのまま書いたこの状態を残します。







関連記事
web拍手 by FC2
カテゴリ: [A]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。